上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ryorinoehon.jpg

先日書店でブラブラしていたら、こんな可愛い文庫本が。
私も大好きな『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』石井好子さんと水森亜土さんのイラストがかわいい料理の絵本!
つい先日amuさんのブログでお話させてもらったばかりだったので、タイムリー!
お料理は食いしん坊な石井さんレシピですごく美味しそうなものばかり♪♪
とっても気に入ったのでお気に入りのカバーをかけて、鞄に入れて持ち歩こうと思います。

この本を眺めていたら、私の大切な本たちのことを思い出しました。
どれも、私の今の料理やお菓子作りのルーツというか、多大な影響を受けた本。
久しぶりに本棚から出してきました。


poohscookingbook.jpg

『プーさんのお料理読本』 
これは、私が一番最初に手に入れた料理の本です。

私の父は漫画好きで、よく本屋さんへ連れていってくれました。
父と一緒に本屋さんへ行くと、いつも一冊だけ本が買ってもらえたので、小さい頃は好きな漫画の単行本を買ってもらったりしていたのですが、小学校高学年になると、料理やお菓子作りに興味が湧いてきました。
そして、ある日、誕生日か何かで買ってもらった本が、このプーさんのお料理本だったのです。
確か、当時は漫画の単行本が一冊300円くらいだったので、980円のこの本を買って貰うのはやっぱり特別で、とても嬉しかったのを覚えています。

一番最初に載っているレシピが「シナモントースト」。
焼いたトーストにバターを塗って、砂糖とシナモンを混ぜたシナモンシュガーをたっぷりふりかけて、再び2~3分オーブンに入れて焼く…
これだけのレシピですが、当時家にはシナモンなど置いてなかったので(そしてバターもなかった。マーガリンしか)、シナモントーストってどんな味だろう?!とずっと妄想してました。
(結局、中学生になって自分でシナモンを買うまで、妄想だけ☆)

はちみつと干しぶどうのスコーン、四角いチョコレートピーナッツ、ジンジャーブレッドマン…
今でこそレシピを見れば大体の完成形が想像できますが、その当時は子供で経験値も無いに等しく、写真のないレシピ本は、一体どんなものなのか全然わからなかったので、余計に「イギリスの料理やお菓子」に幻想を抱いていたのかも。
一見子供むけの料理本だけど、シナモントーストみたいな簡単なものから、ちゃんと粉を捏ねて発酵させて焼くパンが載っていたり、グラタンやパスタ、クリスマス料理などの本格的なものまで載っている本格的な料理本となっています。「読本」というだけあって、プーさんの挿絵はあっても料理の写真などは一切なく、私はレシピを眺めて「読書」する…という特技をこの本から学びました。
つまり、レシピを物語のように読むというわけです。
実際、私は海外旅行に行く際は機内にレシピ本持っていって読んでます。
(大体4~5冊持っていく内の2冊くらいはレシピ本)

あと、同じ文化出版から出ていた『赤毛のアンのお料理ノート』も大切にしています。(今貸し出し中♪)
こちらは料理のネーミングがプーさんよりロマンチックで(笑)、私も本を眺めながらアン並に妄想しまくっていました。笑



franceokashi01.jpg

『フランスお菓子物語』 樋口麻子・文 阿部眞由美・絵

これは確か大学生の頃に自分で買った本。
大学生の頃は既に洋菓子店でバイトするほどケーキが好きだったので、自分でケーキを作ったり本を買ったりしていましたが、特に気に入っていたのがこの本でした。

franceokashi02.jpg

著者の樋口さんがフランスで色んな人に教えてもらったお菓子のレシピと、フランスでの生活のエッセーに加え、阿部眞由美さんの美しい絵がとっても素敵なこの本。
特に表紙にもなっているこのリンゴのシャルロットのページを見ていると、本当に美味しそうで、毎晩眠る前にこの本を眺めて、また妄想してました。妄想だけでなく、実際に結構作ったかな。
どれも美味しくて未だにこの本のレシピは私のお気に入りです。



kazukohorii.jpg

そして、堀井和子さんの『粉のお菓子 果物のお菓子』

これも、本当に大切にしている本です。私が堀井さんを知るきっかけとなった本。
この本は1993年初版のものですので、実に20年近く前の本になるのですけど、今見てもスタイリングや本の装丁など本当に素敵です。全然古いという感じがしないです

そうそう、堀井さん、昔、雑誌「olive」のお料理ページを担当されていたんですよね♪
こう見えて(どう見えて?)オリーブ少女だったワタクシ。
市川 実日子ちゃんを見ていると、市川美和子ちゃんの妹としてオリーブにモデルデビューした当時のことを思い出します。全然変わらないなぁ。。

最近、堀井さんはあまりお料理やお菓子の本を出版されないのですけど、過去の著書は多分全て持っているので、時々眺めています。本当にどれも大好き。
特に「バターミルクパンケーキ」にすごく憧れてよく作ったし、数年前には堀井さんと同じパンケーキ用のフライパンも買って自己満足☆★
堀井さんの過去のお菓子本は傑作が多いと思うんですけど、絶版されているものも多く、大事に使っていてもそれなりに古びてきたので、もう一冊ずつ保存用に買えばよかったと本気で思うほどです。
でも、何冊かは文庫版が出ているので、もちろん持ってますけど♪


……と、懐かしく思い出していましたが、年齢がバレバレなラインナップですわね☆
まあ、今さら若作りしても仕方ないですけどネ^^


最近、ちょっと仕事も落ち着いてきたので、また読書も再開です。
それとともに本棚もスペースがどんどん無くなってくるので、ちょっと考えなくてはいけないのでした☆
本好きの皆様はどうしているのかしら?
私、お気に入りの本が多すぎなんです…
スポンサーサイト


うう…寒い><
今日の天気予報は雪になっていたけど、降りませんでした…が、とっても寒いです!
春は未だ遠し?

一月と二月は夫と一緒の休みがちょこちょことあったので、京都へ行ったり金沢へ行ったり。
距離的には京都のほうが近くて何度も行っているので気安いですけど、最近は少し遠出をする気分のときは金沢へ行くことも多いです。好きなショップを幾つか周り、市場で魚を買って帰るのがお決まりのコース。
今は愛知県でも海のない内陸部に住んでいるので、金沢へ行く途中には日本海が見えたり、京都へ行く途中には琵琶湖が見えて好きです。

金沢へ行くと必ず寄るのが、ガラス作家・辻和美さんのお店『factory zoomer』。犀川のほとりにある小さなお店の中には辻さんのガラスの器や作家さんの陶器や磁器の器、n100の服が置いてあったりして、毎度訪れる度に何かしら惹かれて買ってきています。

tsujikazumiglass.jpg


わりと最近買った辻さんのガラスたち。
その名前も「モウモウ」「ホリホリ」などなど…かわいいのです。

上のキウイを持った小さなボウルはサイズは直径8cmくらい。
意外と色んな料理やおやつ時に使えて気に入っています^^


shiawasenopan.jpg

本日の読書は『しあわせのパン』
原田知世さんと大泉洋さん(私はいつも洋ちゃんと呼ばせてもらってます。笑)が主演の映画の小説です。映画を観たいなと思いつつもなかなか近所では上映されていないので…
著者の三島有紀子さんが映画の監督をされているのですが、プロフィールのところに「本屋とカフェと映画館をこよなく愛している」と書かれていて、なるほど~~と思いました。
舞台であるカフェ・マーニのお料理や焼きたてのパンの描写、カフェに流れる時間の雰囲気とか、カフェ好きの人は誰もが頷くはず。
私の場合映画より先に小説を読んだわけですが、原田知世さんの透明感、大泉さんの大らかな笑顔などは、ほんとうにイメージにピッタリで、これは映画館で見るのもいいかもしれないけど、家でゆっくりDVDを観るのもいいなぁという気もしています。
というか、いくつかのエピソードのなかで、毎度私は涙がじわりとしてしまって、映画館で観るとやばいかも…!

なんとなく、私の大好きな、梨木香歩さんの『西の魔女が死んだ』を読んだときと雰囲気が似ていると思いました。いや、似てないかも。自分が好きなだけで。
とにかく、料理が美味しそうで、パンを焼くにおいも最近嗅いでないなぁ…と懐かしくなってしまって、本当に久しぶりに手ごねでパンを作りたくなりました。

そういえば、料理本や雑誌以外で読んだ本は今年初めてかも!
今日はヨガへ行って、帰りにいつものカフェでランチを食べながら本を読んでいたら止まらなくなってしまって、早く続きを読みたくて寄り道をせずに家に帰って一気に読んだら、ぐすぐす泣きながら眠ってしまって(ヨガをやった後は必ずものすご~く眠くなるのです…)、気が付いたら夜9時すぎてました。そして夫の晩ごはんを作れず…(夫よ、スマン)

いや、それにしても、読後はほんのりとした幸せな気分を味わいました。
映画も絶対観たいです♪
あと、今日は作る時間なかったけど(^^;)、ちゃんと温かいごはんも作りたくなりました。


今年も買いました。ほぼ日手帳。
mina perhonenの「sonata」ライトブルーです♪

今年ずっと使っていたのも、去年のminaのもので、別に全然汚れてもいないし痛んでもいないのですが、なんとなく新しい年を迎えるにあたって、新しい気分になりたいなぁとおもったもので…

ほぼ日手帳は手帳にしてはサイズが大きいので持ち運ぶのもちょっと重いですが、手帳に何でも書いている私にとってはちょうど良いサイズ♪
ポケットもいっぱいついていて、便利です。

去年の…
mina11.jpg

ちょうど、minaのミニバッグに入るサイズだったので、手帳入れにして使っていました。
引き続きブルー系なので、違和感なく使えそうかな。

最近、気が付いたら普段づかいのバッグに入っている小物が殆どブルー!
ていうか、バッグもマリメッコの青系のものを使っているので、すごく青が好きな人の荷物みたいです。あはは。



rainbow1121.jpg

さて、今日は変な天気でした!
写真の真ん中あたりに、虹が架かっているの見えるかなぁ?
今日は所用があって、福井県の敦賀の方へ行ってきたのですが、晴れているところと大雨のところがミックスされている感じで、たくさんの虹を見ました。

そして、福井ではヒョウが降っていました!!
高速道路の案内表示には「雪注意」だったのですが、ふつうの雪じゃなく雹…!
勿論、すっごく寒かった…(そして日本海も大荒れ)
こちらも日曜の夜からぐっと冷え込んできました。もう11月も終わりですもんね。

普段は家の中も少しはクリスマスっぽいものを飾ったりしてるんですが、今年はまだ何もしてませ~ん!
リースくらいは飾りたいな。
ちょっとだけクリスマス用に食器も買ったので、クリスマスディナー(毎年激務を終えてクタクタ☆)の妄想してます。
私はお肉は殆ど食べないのですが、年に何回かチキンぐらいは食べるんですけど、今年のクリスマスはチキンも無しにしようかな~
でもやっぱり、肉食の夫はチキンぐらいは食べたいかな?!
悩むところです。(^^;)






前回に引き続き、今日も似たような写真で…(*^▽^*)

iittalaのマグは沢山持っているくせにあまり使わない…と言いつつも、お気に入りはあります。
このマグも、1.2を争うお気に入り♪
Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)50周年記念 バードマグです。
黒、青、緑と色展開していて、私はコレクターなので全色持っているんですが、やっぱり緑色のが一番好き!
オイバ先生といえば、バードさん。
うちにもこの子、います♪

greenibispic.jpg

Green Ibisです。
今日、アクタスでもらったiittalaのカタログの表紙にみどりちゃん発見!!

バードさんといえば、最近我が家にまた少し増えたんです。
まだ置き場所を決めていなくて、写真撮れませんけども。夏までには定位置を確保しなくてはね。

さて、今日のコーヒーなんですけど、今日は珈琲豆で作ったコーヒーではなく、タンポポで作ったコーヒーです。

tanpopocoffee.jpg

これはいつも飲んでいる、たんぽぽ堂さんのを切らしていたので買ってみたんですが、これもとても美味しかったです。カフェインが含まれていないので、身体を冷やさないし、夜飲んでも大丈夫。
たんぽぽの根を珈琲豆のように焙煎して作ったものだそうですが、香ばしくて本当にコーヒーみたいで美味しいです。
今日はCaffarelのチョコレートを添えて。

そして、カフェオレじゃなくてコーヒーだったら、iittalaマグはピッタリサイズです。
間違って触ってしまっても倒れない安定感も、粗忽者のワタクシにはピッタリなのです。
このマグ以外にも、石本藤雄氏デザインのHortensia(あじさい)は今のシーズンにピッタリですね~。
食器棚の奥に仕舞っているうちに、ベストシーズン逃してしまいそう;;

oivabirdmugfuta.jpg

ちなみに、ターフーミリ85、さすがに似合います。
磁器+木という異なる素材の組み合わせがやっぱりいいです(*゚▽゚*)



もう6月も半ばになりますね~。
梅雨に入って庭いじりを少々さぼってましたら、雑草が青々と伸びてました。あわわ
でも知らないうちにブルーベリーが実を付け、ハーブたちも勢いが増してきました。
午前中に一時間ほど草むしりをして、夕方にも残りをやってのですが、夕方は油断して6カ所も蚊に刺されましたぁぁ
かゆい…


今日はスッキリしないお天気です。雨は降っていないけれど。
6月22日は夏至ですから、今が一番日が長い時期ですね。
夏至はまたキャンドルナイトするつもりです。
ねこと夫に邪魔されるかしら…?

さて、今日は仕事が早めにキリがついたので、スタコラサッサと帰ってきました☆
おやつを食べようと思って♪O(≧∇≦)O

110607tea.jpg

これこれ。
ワタクシ、ケーキの中でもタルトが一番すきなんですが。
昨日、垂井のパン屋さん『GURUMAN VITAL』で色んなパンの他にも、この洋梨のタルト買ってきました。
う~~!テンション上がる!!
クレームダマンドの甘みがたまらなく好きなんです~~

このタルトに合いそうなお皿はどれかな?と思い、スウェーデン、ロールストランド社製のCherieシリーズのお皿にしました。
このお皿、爽やかなグリーンの葉っぱがすごくかわいいのです。
製造の年代は大体1970年代みたいなので、自分が生まれた時代のものなんです。
買ったときにすごく状態がよくて、まるで未使用みたいなコンディションだったので新しめの製造かしらと思ったら、まさかの1970年代です。デザインも古くなくて、今こういうのが売られていても、絶対買っちゃう。
よく行く花屋さんが夏になると、水の張ったボウルにこういうグリーンをアレンジしているのを見かけるんですが、そういう感じ。
水に浮かんだグリーンみたいです。とても爽やかで涼しげ。
4月とか5月の新緑のきれいな季節によく使いましたが、夏場にもよさそう。

mugyomiya.jpg

コーヒーは天草の作陶家・余宮隆さんの緑釉カップで。
余宮さんの器が大好きでいくつか持っているんですが、緑釉は珍しいですね。すごく深い色で綺麗なんです。
これはコーヒー入れると、めちゃくちゃイイです。紅茶よりコーヒーに似合う色。

ちなみに、今日のトレイはSAS(スカンジナビア航空)の機内食で使われていたヴィンテージのものなんですが、こういうチーク材のものを贅沢に使うってすごいですね。今はもっと軽量の素材のものが使われているのだろうと思いますが、こうういう天然素材のものを使っていた時代の本当の豊かさを感じます。



というわけで、私は緑色が好きで気が付けば家の中や持ち物に緑色が多いです。
ちなみに、3月~現在のリビングのファブリックなどは…

2011mayliving1.jpg

マリメッコのウニッコ。
変な構図の写真で失礼~
これ、どこかで見たな~どこだろうと思っていたら、ゆかり先生のヨガバッグと同じ柄でした。笑
黒地のウニッコってシックで良いですね。

そろそろ梅雨のじめじめシーズンなので、明るい色のファブリックに変更する予定です。
気分は明るく行きたいです。(明後日からずっと雨の予報…)


おっと、そろそろサッカーはじまります!応援しなくちゃ!

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。