上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の白いキッチン全体図。
私が一番こだわったところで、勿論一番気に入っているところでもあります。
一年経ったけれど、どうかな? 頻繁にお掃除を心がけているので、見た感じ汚れはあまり無いような気がします。
白いキッチンにすると決めたからには、白=汚れが目立つ、ということを覚悟しなければ!と、その日の汚れはその日の内に綺麗にして、また翌日から気持ちよく使う…ということをしています。
食事が終わったら、食器を食洗機に入れて、ガス台と作業台、ガス台の横の壁と、換気扇のレンジフード、そして収納の扉を軽く拭いておけば、殆どの汚れは落ちます。
毎日それを習慣にしていれば、楽。一日の汚れなんて大したことないので。これを一週間に一度、二週間に一度にしちゃうと、大変なんだろうな~と思います。

我が家の間取りは非常にオープンで、玄関ホールから入るとダイニングがあって、そしてキッチン、その向こうにリビング~となるんですが、まず入って目につくのがキッチンなので、キッチンに物を出しっぱなしにしたりするのは、途端に生活感というか、だらしなさが出るので、なるべくゴチャゴチャしないようにしたいとは思っています。
でも!
やっぱり時々片付けをしないと、なんとなくごちゃ~っとしてくるんですよね~。
よく、インテリアは3色以内で・・・と言いますが、うちの場合だと、赤、黒、緑・・ぐらいの色を心がけています。
ki08a.jpg
一番左の、キッチンエイドミキサーは、お菓子を作るときには欠かせないもので、結婚するときに買ったんですが、大きいのでここを定位置にして、一度も動かしてません。この場所で使えるように、配線もしてもらっています。
ここの背面カウンターの上は、常にこれ以上の物を置かないようにしています。
背が高い位置にあるので、ゴチャゴチャしていると、途端に生活感が出る場所なのです。
ki08b.jpg
これは、Gustavsberg のBromma ボウル。
お茶のときにつかうお砂糖やポーションなどが入っています。
こちらの写真を見ていただくとわかるんですが、キッチンの窓ガラスはクリアではなくて、曇りガラス。
本当は透明で明るいガラスが良いんですが、立地がお隣と隣接しているので、このガラスが透明だった場合、隣のキッチンが丸見えなわけです・笑
ここをクリアにしてカーテンを掛ける・・という選択肢もあったんですが、キッチンはベースを白にして、小物で色を足そうと思っていたので、この場所にカーテンがあると、ちょっと難しいかな?ということと、キッチンのカーテンは汚れるかも!?というのもありました。どこまでも面倒くさがりな性格…(^^;)
そうそう、面倒なことが嫌い故に、キッチンの条件は第一に「掃除がしやすい」ということでした。
kic0810.jpg
キッチンの収納の扉に「取っ手」が無い。
これが重要!(笑)
実家にいるときに、年末の大掃除であのキッチンの取っ手を掃除するのが大嫌いだった私。
ダイワハウスの標準キッチンには全部収納に取っ手がついていたのですが、営業さんのお勧めメーカーで一目惚れ!!
ああーこういう(掃除しやすい)キッチンを求めていたんですー!
と。あ、勿論、視覚的にもスッキリとしてますし、ほんと、こういうの探していたので嬉しかったですよ♪
見学に行ったその日に心の中でもう決定しました♪ が、営業さんとダンナが一生懸命値引き交渉しているので(笑)私は黙ってキッチンメーカーさんの「奥さん!助けてください~」的な視線から目をそらしてたわけです。
その甲斐あって、申し訳なくなるほどサービスしていただきました☆ とっても嬉しいし、とっても満足しています。
そんなサービス価格で、キッチンの作業台のダイニング側にも全て収納をつけてもらったんですが、これも良かった~。食器が多いので、ここが無いとどうにもならなかったでしょうね。収納にしなければそれだけ安くなりましたが、というか、メーカーの営業さんも、ここは収納にせずに椅子を並べてカウンター的な使い方を推奨してましたが、「収納がいいです!」と言い切ってよかったです。
棚が3つ、それぞれ3段になっていて結構な容量があるんですが、一番右の下は料理本、その上に紅茶、あとの7段分は全部食器(笑)。
背面収納も一番下を除く6段分を食器が占めているので、すごいですよね。自分でいうのもなんですが。
吊り戸棚はさすがに食器は入ってません。
私はカップボードが欲しかったんですが、営業さんが「ない方がスッキリ見えますよ」と仰ってくれて、その通りにしてよかったな~と思っています。
我が家の営業さんは男性で、私の「主婦」的な視点とは違う視点でものを言ってくれて、それが後々「ああ、そういうことか」と思うことがありまして、やっぱり一生に一度家づくりをするかしないかの素人と、年間何軒かの家づくりに関わっている人は違うな~と思いました。勿論最終的に決めるのは施主の私たち夫婦でしたが、押しつけない程度に助言してくださったのがありがたかったです。

さて、キッチンのお気に入り、我が家の冷蔵庫のamadamaなんですが、友人もいいな~と参考にしてくれてるみたいです。
使ってみての感想は、この大きさだと2人家族ぐらいで丁度良い、ということです。
逆に四人家族には小さいかな?
機能は最先端の設備がついてるわけじゃないですが、シンプルで良いです。
明日突然この冷蔵庫が壊れたとしても、もう一度同じ冷蔵庫が欲しいなと思います(^^)


ダイニングからキッチンを見て、視線を左に・・・・
lvg08a.jpg
こっちがリビング。
先日我が家に来た、ヴィンテージのサイドボードはソファーの後ろになりました♪

スポンサーサイト

今日はくもり空です。

家の外観を撮るのは初めて?な気がしますが、我が家の外観…の一部です。
我が家はEDDI'S HOUSEという、ダイワハウスと建築家の鈴木エドワード氏がコラボレートして生まれたシリーズの家で、シンボルともいえるこの木の格子とキューブ型のシンプルな外観に、私が惚れ込んで決めました。(あ、もちろんダンナも気に入って…笑)

外壁の色は白と黒があり、うちは白にしました。
白と木(レッドシダーだったはず)の組み合わせが、とても気に入っています。
(ちなみに、黒のEDDI'Sを見学させて頂いたのですが、すごく迫力があってかっこよかったです♪)
ちなみに、このルーバーの内側(テラス)にライトがついていて、夜そこのライトを点けると、家がライトアップできます。うちは、夜にお客さんがあるときだけ、ライトアップしてます・笑
玄関とテラスは、南東になっています。ルーバーが家の中央にあるEDDI'Sと、ちょっと雰囲気違いますよね~

写真に写っている庭木は「エゴノキ」。冬には葉っぱがおちて魚の骨みたいになりどうしようかと思ってましたが、春から夏にかけて、青々としてきました。
写真には写ってませんが、右にはクロチク(竹)、左にはシマトネリコが植えてあり、今の季節は緑が綺麗です。
庭師さんのお勧め、クロチクは、今年の春、細いタケノコがいくつも出てきて、ちょっと恐ろしかったです・笑

では、内部。
EDDI'Sらしいアングルの写真を厳選。

genkan.jpg
玄関からホール。
EDDI'Sの特徴、タイルの床。玄関ドアの両サイドのガラスは、うちはくもりガラスです♪
南向きなので、一日中明るいです。
ガラス部分が多いので夏の暑さを心配していたのですが、気密性が高いので、夏でも外気と同じような暑さはありません。
涼しくはないですが、暑くもない・・といったところ。よかったです♪




階段を昇りきると、南側に大きな開口部があり、このガラス戸の向こうはテラスになっています。外観の二階の木のルーバーの内側ですね。
この大きな開口部のおかげで、家の中はいつも明るいのです。
EDDI'S HOUSEは「開放感のある空間や、室内にいながら光や風、緑が楽しめるデザイン。都市の中でも自然や四季の移ろいを、つねに身近に感じられる家」というコンセプトでデザインされています。
うちは別に都市の中ではないのですが、両サイドを隣家に挟まれ、東西からの光はあまり採れませんが、南側からの光で、家中明るいです。
吹き抜けがあることによってのメリットは、家中明るい、そして広々と感じる…などありますが、心配していた冬の寒さと夏の暑さ…これははっきり言って心配していたほどではないといったところでしょうか。
夏、1Fはクーラーをつけていますが、冷たい空気は下に溜まるので、吹き抜けのせいで部屋が冷えない…ということは全然ありません。なんというか、2Fと1Fの空気は混ざらない感じ? 階段を昇っていく途中、どんどん空気があつくなっていくのがわかります。
冬は確かに吹き抜けからつめた~い空気が降りてきて、なかなか1F全体が暖まりにくい…というのがあるんですが、暖房(うちはガスファンヒーター)やブランケットの利用で、そんなに「…寒ッ!!」ってほどじゃないです。
なにしろ、この地域は寒さより暑さが厳しいので。


pcapril.jpg
階段下は私のパソコンスペース♪
スケルトン階段と吹き抜けのおかげで、とっても明るい。
本当はここも玄関ホールからつづくタイルの床だったのですが、ダイニングとの繋がりを重視して、フローリングに変更しています。
お陰でダイニングが広々として見えて、ダイニング~キッチン~リビングがひとつの大きな空間になっています。


liv0414.jpg
リビング。
南側にあるのでとっても明るいです。
映画好きなので我が家は5.1ch音響システムをつけてます。スピーカーも天井に埋め込みするタイプなのでスッキリしています。
EDDI'Sの特徴としては、標準の家屋よりも天井が高いので、空間がとても大きく見えます。


写真にはありませんが、ドアや窓も全て天井高になってますので、部屋がとても広い感じがします♪
壁は全部真っ白なので(うちは、トイレも洗面所もリビングも寝室も納戸のなかも、ぜ~~んぶ同じ白の壁紙なのです)、とても明るく広く見えるようです。床も一番明るい色を選びました。

こうやってみると、家自体はほんとうにシンプルなハコのような家です。
だから、インテリア次第でどういう風にでも出来そうですよね。
……とはいっても、趣味が変わったといって、大きな家具などを全部買い換えたりはなかなか出来ないだろうと思うので、なるべくナチュラルな木の家具を選びました。
家具は替えられなくても、そこに置く小物でガラリと印象が変えられるように。
実際、クッションやテーブルクロス、寝室のベッドリネンなどのファブリックを変えるだけで、ガラッと印象は変わるので、楽しいです♪
これからも、色々試していきたいです。
それと、もうすぐ引っ越してきて1年になるのですが、古くなるのは仕方ないにしても、汚れないように、日々気をつけていきたいものです。


EDDI'Sを選ぶまでとその理由も書きたかったのですが、すっかり長くなってしまったので、また後日、その2で。



今日の洗面所。
ホントは全面鏡にしたかった場所なんですが、イロイロな事情がございまして(主に予算^^;)、右側の標準の三面鏡になったわけですが、洗面所自体はだだっ広いのでここの白い壁がどう考えても余白でした。
まあいつか素敵なフレームでも掛けようかな~と漠然と思っていたんですが、素敵なファブリックパネルを見つけてしまったので、これをさっそく洗面所の顔にしよう!と思い立ち、あーでもないこーでもないと試行錯誤を重ね(嘘です。私は直感型・笑)、このようにしてみました。
うーん、明るくなった!
以前の写真と比べると大分華やかになった~
黄色いファブリックパネルはヴィンテージファブリックで作られていて、とっても味わいの深い色遣いで一目で気に入ったものです。
黄色を置いたことで、茶色も合うかな~と、かごも置きました。かごってかわいい上に掃除の時に楽ですよね。
左の手つきかごは、なんとなく置いただけですが、その隣のかごにはバスエッセンスなどのお風呂グッズを入れてます。洗面ボールの右に置いてあるマルセイユ石けんのボトルも淡い黄色なので、なんとなく洗面所のテーマカラーは黄色でまとまった感じかなぁ。

しかし、洗面所の写真を撮るのはむつかしい!
自分が写ってしまったり、洗濯機が写ってしまったり、この写真だってよく見ると、一番左の収納棚からなにかがはみ出しているし・笑(一体何かと思ったら、キッチンタオルのタグでした。…お恥ずかしい)
ちなみに、収納棚の一番左はタオル類、その横は洗剤やバス関連のもの、洗面台の下には化粧品や小物を収納しています。
この洗面所はかなり広いので、掃除も結構楽です。部屋を掃除したついでに、普通に掃除機でガーッと。フロアがタイルなので、ほんとはちょっとカッコイイんです。写真にどうしても写りませんが。
ただし、普段は洗濯物が干してあったり、洗濯かごに洗濯物が無造作に入れてあるので、来客のときは物干しポールは天井に収納され、洗濯かごはそのまま寝室のWICに移動。
すると、いい感じに生活感がなくなるのです。ふふ。
生活感のない家って憧れですが実際は何が便利かってのも大切なことですので、生活が不便になるほどの徹底したスタイリッシュさは我が家にはまだちょっと無理っぽい。私の性格的にも。
普段仕事のある日はやはり掃除や片付けも少し甘くなるので、休日にそれを整えるようにしてます。
洗面所やキッチンなどは気を抜くとものを置きっぱなしにして雑然とさせてしまうので、そういうのをリセットしなければあっという間にゴチャゴチャになりそう…!
これはいつでも、自分の肝に銘じなければいけないことでもあります。
ああ、片付け上手になりたい…
新居に住んでからは以前よりも大分掃除したり片付けもしてますが、本来はぐうたらの怠け者なので日々精進。

トイレもちょっと模様替えしました。トイレは爽やかに♪

明日からゴミの収集の仕方や曜日が変わり、ただ今1Fの納戸に先日の家具が届いた際のダンボールが押し込まれていて、この状態があと二週間も続くという現実に、ちょっと発狂しそうです…!以前は隔週で収集日だったんですが、今年度から月一。
やたらとネットショッピングなどでダンボールがすぐに溜まる我が家としては、ゆゆしき問題です。

掃除…
家を建てようと決めたときに、常にきれいにしていようと心に決めたものですが、今のところは守れているかなと。
ただ、元々掃除が得意なタイプじゃないし(一点集中型・笑)、そこは常に気をつけなくてはなりません。
毎日少しずつ掃除しておくと、大きな掃除はそんなに必要ではないので、このペースで続けたいと思ってます。

*毎日やること*
キッチン~シンク、ガス台、扉、レンジフード、冷蔵庫を拭く。
洗面所~洗面台はつねに綺麗に。寝る前に綺麗に拭く。
お風呂~最後に拭き掃除。水気を全部。
リビング~テーブルの上に物を置かない。
ダイニング~ダイニングテーブルの上に物を置かない。
トイレ~便器と洗面台の掃除

*休みの日にすること*
全部屋掃除機を掛ける。
玄関の掃除。アプローチ、駐車スペースの掃除。
洗濯機のフィルターの掃除
トイレの掃除(いつもの掃除+床、棚などの拭き掃除)
キッチンの背面収納のところを片付ける
階段を拭く
アイロンがけ
テレビ、パソコンのホコリ取り

*二週間に一度はすること*
レンジフードフィルター
お風呂の排水溝
キッチンの引き出しの中を拭く
窓ふき
WIC、納戸の整理

……うーん、思いつくところはこんなところか。
同僚などに話すと、「よくやるね~」と言われますが、日々のほんの少しの苦労が、後の面倒を軽減してくれるんですよね。
特に水回りなんかは簡単に毎日掃除しているので、多分大掃除などもあまり必要ないと思います。
ちなみに、週一のお風呂掃除とゴミ出しはダンナがやってくれてます。頼めばモップがけもやってくれます。以前は頼まなくてもやってくれたものですが、最近は言わないとやってくれない。だけど言えばやってくれるので、遠慮なく頼んでます☆

ただ、やっぱり引っ越してきたときよりも、物が増え、雑然としてきたので、今度の休みにはそのへんの掃除や整理をちゃんとしなければなぁと思います。
きれいな家を保つのって、大変…!
いつも綺麗な実家、母親を尊敬…
私はいつも母親に「掃除しなさい!!」と怒られる子供でした(^^;)
料理の嫌いな母親に反して、私は料理は好きですけどね☆

かおりさんのところとほぼ同じ、うちの洗面台~
白っ!!
うちは家中まっしろですが、洗面所はひときわ白い感じがしますね~
ほんとは正面から写真撮りたかったんですが、どうしても自分が写ってしまうので、こんな角度。

洗面台の下に収納が付いているんですが、化粧品やらタオルやら、雑多なものは全て片付け!
おかげでいつでもスッキリ!
洗面台自体にも継ぎ目がないので、掃除も簡単。
私はいつもスポンジワイプをそばにおいて、水が撥ねたらすぐに拭き取って、夜お風呂から出たら一通り拭き、最後にタオルで洗面ボールの中を拭いておきます。(タオルはそのまま洗濯機へ~)
おかげで、大掃除的なことはしてなくても、大抵きれいになってます。
もともと、そんなに細かい性格ではないので、これくらいシンプルでよかったのかもしれません。
それにしても、スポンジワイプですけどね。いつも買い物へ行くと、買ってしまいます。
コレクションの一部…
sw.jpg

安いし、機能的。
濡らせばスポンジみたいにこすれて、水を絞ればぞうきんのように拭き取れる。
漂白もできて、耐久性もあり。
……が!!
私はいつも洗濯するときに、乾燥する前に取り出すのを忘れて、すぐに縮ませて寿命を早めています。ああ~~またやってしまったぁ!毎回毎回、忘れて縮ませてますよ。
そんな縮んだスポンジワイプは、最後は文字通りボロぞうきんのように、汚いところを拭いてポイ!

遊びに来た友人らに「これ、いいから使ってみて!」と、毎度おみやげに配ってますよ。

あと、我が家は、このシリーズの家の特徴でもある、40cm角のタイルの床を玄関とホール、トイレ、そしてこの洗面所にも採用しているんですが、冬は冷たかった~~・笑
夏は、きっとつめたくてきもちいいんだろうなぁ~
それがちょっとだけ、楽しみでもあります。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。