上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シルバーウィークも折り返し。
皆さん連休楽しんでいらっしゃいますでしょうか。私はー勿論ーお仕事です…

と、いうわけで、朝ごはんも15分ぐらいで用意&完食してます。がはは。
忙しいときは、こんな感じ…
トースト焼いて、サラダか卵料理かどちらか。
今日はサラダの気分でした。
というのも、金曜に京都で買ってきたドレッシングがものすごくお気に入りで、サラダが食べたくてしょうがない最近なのですー♪
そのドレッシングは京都の大原にある「志野」さんの「ゆずと大根のドレッシング」。
無類のサラダ好きゆえにドレッシングは色々お気に入りを探しているんですが、これは久々のお気に入り!!
志野さんでは他にも色んなドレッシングを試食させてもらったんですが、どれもほんとにおいしかったです。あとは「しいたけと玉ねぎとセロリの醤油ドレッシング」も買ってきました♪ これも、お気に入り!
野菜好きなので我が家のサラダ率はかなり高めなので、おいしいドレッシングとの出会いはすごく嬉しいことです^^
また京都へ行く理由ができちゃった♪
京都、月一で行ってるなぁ…
わたしも京都ではお気に入りのお店がいくつもあるのですが、夫は大好きな蕎麦屋さんがあるので、お休みはどこへ行こうかと言うと、すぐに「蕎麦を食べに行こう!」となるんですよね。だから、「やった☆」という感じです。
高速道路も、名神の京都ぐらいまでは運転も怖くないんですよね。
京都を過ぎると交通量もぐっと増えるし、車間距離も短いので怖いんですよねぇ。なので、私が運転できるのは京都までです。
とはいっても、いつも夫が運転してくれるので、私は助手席でぼんやり景色を眺めているだけなんですけど(^^)
京都までは名神も自然がいっぱいで、景色も好きです。

今日のサラダを盛ったお皿…

09kusudaringo.jpg

林檎の模様つき。
手触りはざらっとして重みもあって渋いテイストだけど、この林檎が可愛い…♪
サイズも絶妙なので、色んな場面で使っています。
スポンサーサイト


お久しぶりですー
北海道旅行から二週間、年齢を重ねてからの筋肉痛のように、今ごろ疲労がじわじわと出ております(^^;)
季節の変わり目で暑かったり寒かったり。
食欲も、有ったり無かったり。
でも、朝は温かい飲み物がいいなと思うようになりましたね。

さてー。
今日はそんな北海道で買ってきた器を使って。
北の住まい設計社さんで買ったCalle Forsberg(カール・フォルスバーク)のお皿とカップです。
これ、一目惚れしてどうっしても欲しいなと思ったんですが、なにせ飛行機の旅。
二人家族だからそれぞれ2客は欲しいし、カップだけとかお皿だけじゃなくて、テーブルコーディネートできるようにいくつか種類が欲しいなと思ったので、ほんとに悩んでいたんですが、持って帰るのはきついし、スーツケースの中にいれるのも心配。散々悩んでいたら、宅急便で送ってくださるとのことで、色々買うことができました(^^)嬉しい~~
名古屋店には置いていないそうなので、どうしても買いたいなと思ったんですが、自分で持って帰るのはちょっと難しかったので、スタッフの方が色々ご親切に対応してくださって、本当にうれしかったです。荷物が届いたときは興奮しました~!

こちらのシリーズは、この白いのとあと、すごく素敵なグリーンのものがあって、本当に悩みました。
カップも本当に悩んで、グリーンはコーヒーがすごく美味しそうにみえそうな色で、ホワイトがミルクティに似合いそうだったので、ホワイトにしました。苦渋の決断です。
いつかグリーンも欲しいなあ。
グリーンは深皿をひとつ買ってきました。
洋風に和風にも似合いそうなので、色々使いたいです。


090916br02.jpg

今日はジャガイモとタマネギのグリル。私の大好きなメニューです。
ちょっと焦がし気味にしたじゃがいものほくほく感と、タマネギの甘みがとっても美味しい♪
ミルクティは思ったとおりにこの器の白色にすごく似合って、嬉しいー!期待通りです♪

このシリーズは色んな料理に似合いそうなので、あれもいいなこれもいいなって妄想しています(^_^)
手触りはがっしりと土っぽいけれども、色合いがヨーロッパ的なので、フォーマルな感じにも気楽な感じにも使えそうで、そこが気に入っています。
デザートにもよさそうです。うーん、これからの楽しみです♪


今日は久々の一日フリー。
ゆっくりDVD鑑賞した後は、庭の手入れをしようかな。
こないだも書きましたが、我が家のシマトネリコに毛虫が発生して、悲惨なことに!
数日前にオルトランをまいてみましたが、効果はまだよくわかりません。
隣のお庭のシマトネリコは青々と茂って美しいので、羨ましい限りです。。。うちのシマトネリコも、早く元気になると良いけど…
隣のシマトネは青い……

他は、夏のハーブがもうそろそろ終わりかな?という感じなので、ちょっと整えないとなぁ。上野さんの本を読んで、やる気アップ!!です。

tkazeno04.jpg
北海道も最終日。
午後には千歳空港から名古屋へ帰らなければなりません。
富良野から千歳までは2時間以上かかるので、この日の朝、お目当ての「風のガーデン」を見学に行きました。

tkazeno02.jpg

「風のガーデン」は、2日目に宿泊した新富良野プリンスホテルの敷地内にあり、2008年の10月からフジテレビの開局50周年記念ドラマとして放映された同ドラマの舞台となり、ドラマが終了した今も、舞台となった森の中の小さな家と庭は公開されています。

tkazeno16.jpg

前日に訪れた「上野ファーム」上野砂由紀さんが手がけた庭は、ホテルから車で3分ほどの森の中、ひっそりとたたずんでいました。

tkazeno07.jpg

小さな小さな小川が流れていたり、色とりどりの花々が風に揺れていたり、とにかく夢のような場所でした。

tkazeno01.jpg


365品種、2万株の花だそうです。
庭のデザインは、上野ファームと通じる英国風。ロケーションが深い森の中にあるということもあって、さらに神秘的でさえありました。
花に埋もれるように建った白い家、背景にはまた濃い緑の森が広がっています。

tkazeno08.jpg

実は私はドラマをしっかりは見ていなかったのですが、夫は毎週見ていたようで、私より感慨深かったようです。ホテルも、夫が予約してくれました。


tkazeno11.jpg

グリーンハウスの内部も、公開されています。
テラスが素敵でした♪
こういう雰囲気、すごく素敵…

tkazeno10.jpg

部屋の中は、ヨーロッパの家の中のように、しっとりと落ち着いた雰囲気。
薪ストーブがあったりして、「北国」のイメージそのものでした。

ドラマの中で貞美(中井貴一)さんが最期に亡くなるまえに、恋人に彼の死を知らせるために、庭のカンパニュラを押し花にして贈ってほしいと娘に頼むのですが、よく見ると、色んな押し花の中に、カンパニュラもありました。
ここを見たとき、そして家から出た風景を見たとき、じわっと瞼の奥があつくなりました。

tkazeno12.jpg


この庭はドラマのために造られた庭だけど、終の棲家としては本当に夢のような場所だと思いました。

tkazeno15.jpg

花がやさしくて、風もきもちよくて、土も水も全部全部、浄化されたようにきれいでした。


tkazeno17.jpg

緑色のグラデーション、白みがかった紫のグラデーションが、すごくきれい。
上野ファームでもこういう色遣いのコーナーがあったのですが、やっぱりとても好きだなぁ。


tkazeno06.jpg

家の脇も本当に美しかった。
高さのある花って狭い場所だと難しいと思うんですが、これだけの庭だと、迫力ありますね。

tkazeno05.jpg

この風景。
昔、見たことがあるな…と思うくらい自然に見えました。
勿論、自然にみせるデザインと技術なんでしょうけども。

風が甘い香りを含んでいて、本当に素敵な、本当に夢のような場所でした。
また、春などに訪れてみたいと思いました。




……というわけで、二泊三日、私の夏休みは終わったわけですが。
今回、本当にたくさんの自然に触れて、初めて見た北海道の雄大な景色を胸の奥にしっかりやきつけて、日頃のせせこましい日常やらなんやらを浄化できたような気がします。
美しいものをたくさん見て、美味しいものをたくさん食べて、本当に楽しかった。
またいつか、絶対に訪れてみたいです。
夫は、朝のジョギング中に、キタキツネを目撃したと嬉しそうにしてます。よかったね!

そして、帰りの飛行機が定刻よりも30分も遅れ、帰りの機内の最後の20分、新潟の佐渡ぐらいから岐阜の上空ぐらいまで、ずーーーーーっと飛行機が激しく揺れつづけ、ほんとに恐ろしかったです。。。。(- -;)
あんなに揺れたのはじめて…

家に帰宅して我が家の庭を見たら、シマトネリコにどうやら害虫が発生したようで、いきなり現実に引き戻されたのでした(^^;)

sasahiyamafmg.jpg

二日目の午後は、旭山動物園へ。
この旅行で北海道へ行ってくる~と言えば、みんなが「旭山行く?」と聞いてきたという、大人気の動物園に、夫婦揃っていつものキャラも忘れて大興奮。

まずは美しいフラミンゴさんたちに魅了されました。

sasahiyamaezojika.jpg

お次はエゾシカ。
ランチタイムだったようで、無心に食べ続けてました。驚くほどの至近距離~

sasahiyamape.jpg

泳ぐペンギン。
ガラスの向こうでスイスイと泳いでいました。ペンギンって不思議なことに、空は飛べないのに、水中ではまるで空を飛ぶ鳥のように泳いでいるんですね。
陸に上がったペンギンはグデ~~~ッとしてて可愛かったです。


sasahiyamalion02.jpg

動物園で一番野生を感じさせられた百獣の王のこの方。
ライオン!!
北海道のこの日は、気温は24℃くらいでしたが、日差しがものすごく強くて、暑く感じられるほどだったので、「猛獣ゾーン」の大抵の動物たちはこうして、大胆に横になって眠っていたんですが…
人間たちのざわめきも、赤ちゃんの泣く甲高い声にも全く反応を示さなかった眠りの王が突然起き上がった!

sasahiyamalion.jpg

ライオンが起き上がったのは、向こうから聞こえる「ガオー」という唸り声のせいなのでした。
やっぱり、動物園にいても動物は動物なんだなぁと思った瞬間。

うなり声の主。
sasahiyamap.jpg

猛獣ゾーンの猛獣たちがことごとくノンビリお昼寝をしているにも関わらず、落ち着かない様子で檻の中をぐるぐるぐるぐる歩きまわっていたこの方。

ギャラリーの前にくると、故意なのかどうなのか、とつぜんバク転らしき技を繰り返しつつ、ぐるぐると歩き回っていました。

ここの檻は頭上にも檻が繋がっているので、ギャラリーの頭上に来たときは一同大興奮!
思い思いが上を向いてシャッターを切っていると、突然放尿して、ギャラリーがぎゃー!っと阿鼻叫喚の大騒ぎしているのも我関せずという様子で悠々と立ち去る様子(笑)

sasahiyamap02.jpg

堂々たる背中です。


猛獣を見た後は、旭山動物園で一番楽しみにしていた、ホッキョクグマ!

sasahiyamapb02.jpg

超かわいい…

sasahiyamapb.jpg

水槽の外側から見ると、泳いでいる様子が見えて、すごく面白かったです。
ほんとうに、ここの動物園は、見せ方を工夫されていて、全然飽きないんですよね。ほんとに。すごいなぁ。

大体全ての動物を見ましたが、一番親近感の湧いた動物は、このお方。
sasahiyamaca.jpg

カピバラさんです。
猿の檻を見ていたときに、ふと檻の案内板に「カピパラ」と書いてあったので、え?と見回してみたら、……居た!!
あまりに動かずじっとしているので、岩かと思っていた!!これがカピバラなのね^^;
目をつむって、微動だにせず、お猿さんたちが昇っている木の支柱の陰にピッタリ身を寄せている姿に、どうしようもなく親近感。。。。
写真には写ってないけれど、あと2頭のも全く同じポーズで、隣の支柱とその隣の支柱の陰で目を瞑って座っていました--

旭山動物園、ほんとに楽しかった♪
決してすごく大きな動物園ではないけれど、テレビや雑誌で見るように、他の動物園とは違う「見せ方」が際だっていて、楽しかったです。
動物の生態を間近に見られた感じ。
大満足~~



szerubuhill.jpg

帰り道、立ち寄った「ぜるぶの丘」。
広大なお花畑もきれいだったけど、ふと遠くに見える緑も本当に綺麗。

szerubuhills02.jpg

北海道の空は、やっぱり広い。

seburupf03.jpg


風がふくと、ふんわりと甘い花の香りがしました。


2日目もお花畑で心を満たされた後は、今夜の宿へ。
晩ごはんは外へ行く体力がなくて、ホテルのレストランで済ませました。
が、これがとっても美味しくて大満足。
道産のおいしい日本酒も飲んで、ぐっすり眠った2日目の夜でした。
sueno05.jpg

北海道旅行2日目は、旭川方面へ。
この日は私の中でメインイベントがぎゅっと詰まった一日でした。
まずは、車のナビでルート検索して、一番最初に「北の住まい設計社」の東川ショールームへ。
北の住まい設計社さんは、名古屋店が近いのでよく行くのですが、東川ショールームは一度は行ってみたいとずっと思っていたのです。
雰囲気はやっぱり名古屋店と似ていますが、敷地が広い! ゆったりとしたスペースはのんびり森林浴を楽しみながら散歩できたり、ショップの中もしんとした空気が流れていて、心地よかったです。
なにしろ、名古屋へ飛行機で帰らなくてはならないのがネックで、思い切り買い物できなかったのが残念でしたが、腐っても私は私。どうしても欲しかったものたちはゲットして、宅急便で送っていただけることになりました(明日着♪)
その後、同敷地内のカフェでランチ。ここ、絶対に食べてみたかったんだな!
ネットで調べると、予約がないときつい…ということでしたが、まだ早い時間だったので幸いすんなり着席できました。

夫は本日のパスタ、私はじゃがいものニョッキを食べました。美味しい! 本当に美味しかったです。
カフェの階下でまたまたちょっと買い物しまして、お次はお目当ての「上野ファーム」へ!

sueno02.jpg

ここは私がこの旅行で最も行ってみたかった場所。
「風のガーデン」のお庭を創った上野砂由紀さんのプライベートガーデンです。
公開されるのが5月~9月までなので、9月はもう終わりかなぁと思っていたんですが、そんなこともなく、やはりすごく美しかった。ところどころに目を惹く色遣いがされていて、大好きなイングリッシュガーデンがそこにありました。

suenorose.jpg

色んな花がたくさんたくさん咲いていて、ブンブンと羽音を立ててミツバチがたくさん飛んでいました。

sueno04.jpg

花の名前に詳しくないことが残念。
もっと花を勉強しておけばよかったな。名前を知らない可愛いお花がたくさん。

suenopink.jpg

富良野や美瑛では、整備されて整列した美しい花畑でしたが、こちらは「庭」というひとつの世界に調和と物語があって、自然のようで自然ではない、けれどもハッとするような光景がありました。

suenoshirakaba.jpg

印象的だったのが、このベンチの色。
フランスでは「ヴェルサイユブルー」と呼ばれていました。

suenobrp.jpg

どこを見ても、色とりどりの花々。

suenogr.jpg

緑のトンネルも、強い日差しを遮ってくれました。

sueno06.jpg

こういう雰囲気、我が家には似合わないけど、すごく好き。
無造作に見せる演出も、ガーデナーさんたちの日々の努力の証ですね。
この日も何名かの方が作業されてました。

sueno03.jpg

ところどころに、こういったスペースが。
なんとも気持ちよさそう。


素敵なイングリッシュガーデンに魅了された後は、ショップで球根やグローブなどを買って、ほくほくと次の目的地へ向かいました。



北海道はまだひまわりが咲いてました。
たくさん写真を撮ったので、記念にまとめておこうと思います。

旅行初日、セントレアから千歳空港へ。
天気は良好。行きの名古屋高速で事故による渋滞に焦るも、無事に予定時間に着いてホッと安堵。

千歳に着き、レンタカーにて富良野へ。

富良野と言ったら、ここ。
ファーム富田。

ftmt.jpg

ラベンダーは終わってましたが、一面のお花畑。
花の絨毯の向こうに、十勝岳が見えます。

こちらは見学・入場が無料!
手入れの行き届いたファーム内には、ふんわりと花のかおりが漂っていてました。

ftmtfsrkb.jpg

花も本当にきれいだけど、木も美しいのです。

売店で買って食べたラベンダーのソフトクリーム、美味しかったなぁ。
ラベンダーのカルピスも飲んでみたかった…

ファーム富田さんでの心残りは、箱売りのじゃがいもを買わなかったこと。
これが後々じわじわと後悔の波にのまれるはめに…笑

とにかく、「富良野」のイメージそのままの光景がありました。


fzh.jpg




お次は、森林浴をしに、美瑛へ。
美瑛の看板には、「日本で一番美しい村」と書かれていました。
納得。

fssfh.jpg

ゆるやかな丘を車で走りながら、所々に止まって、写真を撮りました。
一本の木立が、どこから見ても美しい風景。
延々と続くように思える細い道も、パッチワークのような畑も、どこにもゴミひとつ落ちていないのです。
これは、本当にすごいなと思いました。
あまりに美しい風景すぎて、誰もそこにゴミを捨てようなんて思えないんでしょうね、きっと。

fmn.jpg

時々、日本じゃないみたいな風景にも出会いました。
本州じゃあまりみかけない、あの田園にある稲(麦?)をくるくる巻いてあるものとか。
ミレーの「落穂拾い」の絵みたいな風景とか。
ちょっとヨーロッパみたいな広大な自然。

fpsh.jpg

この日の夕暮れには『哲学の木』へ。
無心で写真を撮っている向こうの畑では、農家の方々が収穫作業をされてました。
あちこちで、車を駐めて写真を撮る観光客や、立派な望遠レンズをつけたカメラを持った方もいて、この村ではどこへ行っても、ついカメラを向けたくなる美しい風景がすぐそこにあることに、身震いをするような感覚でした。
なんでだろう?
私は田舎で育ったので、透き通った清流に手を浸した冷たさや、鬱蒼と茂る林の中のにおいも、目を閉じたらすぐに思い出す事が出来るのに、その記憶さえも日々の忙しい毎日のなかで懐古することすら忘れていることに気が付いて、なんだか色々、癒されるというだけではない、色んなことを感じた一日でした。


……な~~んて、自然の中にいると、子供の頃を思い出して問答無用でセンチメンタルな気分になってしまうのでした。
あははっ
でも、一番この旅行で辛かったのが、名古屋ではまだ飛んでいない秋の花粉が、北海道ではすでに飛んでいて、着いた途端に目が腫れてしまい・・・写真に写った私は、一重まぶたで眠たそうに写っていました。とほほ。


先ほど、北海道から帰ってきました。
気温20℃ほどの北海道から、30℃の名古屋へ降り立った瞬間、蒸し暑さでノックアウトされそうになったけれど、やっぱり落ちつきますね。

今回、森林浴をして思いっきり癒されて来よう!と張り切っていたんですが、なんかもう…北海道ってでっかいどう!と、絶対言いたくなりますよね。笑
田舎で育ったので、山も林も美しい自然も珍しくないんですけど、なんていうか…大きい!!
普通のテレビから液晶テレビに変わったような感じ。視界も大きくなる気がするし、なんといっても、一つ一つの色が濃いんですよね。ビックリします。

biei.jpg

こんな青い空、はじめて見たかも。


今住んでいるところから、実家へ向かうと、途中から遠くに山の稜線が見えてほっとする瞬間があるんですけど。
でも、その間にはこまごまと建物があったりして、北海道の景色とは全然違いますね。
ドライブが好きで、長野や山梨に行くこともありますが、やっぱり違う。

そんなわけで、日焼けしちゃったり体重が増えちゃったりと、あわわ…と青くなる現実でもあるんですが、思いっきり自然を堪能してきたので、明日からまや仕事を頑張ろうと思います!

明日か明後日には、向こうから送ったものも到着するので、それもまた楽しみ~♪



これから、ちょっと遅い夏休み。
数日留守をします。

この夏休みを取るために、半月ぐらいすごく仕事が大変でした(^^;)
目一杯、北の大地の自然に癒されてきます!
美味しい物たくさん食べて、たくさん写真撮ってきます♪

暑い名古屋は今日の最高気温33℃ほどありましたが、天気予報によると現地の明日の最高気温は25℃。
大体、名古屋の今の時期の夜の気温ですよね。
なんだか不思議!


では、朝起きたら、行ってきますー




写真は、我が家のダイニングの時計、アルネ・ヤコブセンの「bankers」。
完全に私の好みのヴィジュアルだったので気に入っているんですが、ものっすごく時間が遅れてきます。最初なんて、2ヶ月ほどで8時間もずれてビックリ!!最初に付属していた電池が古かったのかな…と思いつつ、新しい電池を入れても8時間ほどではないけれど、じりじり時間が少しずつずれてきてますよー(汗)
今度買うときは、電波時計にしよう…
精密機械はやっぱり、メイドインジャパンに限るわ…

……って、ぼやいてないで早く寝なければー

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。