上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、母と実家のある岐阜の田舎のほうへお出かけしました。
こ~~んな、緑深い森の中。
ウグイスが泣き、川のせせらぎが聞こえる母のお気に入りの場所。

forest00.jpg

何をしに?
写真の下のほうの緑、わかるかな~~

これを探しに!!

yommogi00.jpg

よもぎ!

よもぎといえば草餅、ヨモギ餅、天ぷら…
私は今年はよもぎでお茶作り♪
去年、試しに少しだけ作ってみたら結構おいしかったのです。
よもぎは春から秋ぐらいまではどこでだってみかけますが、きっと田舎のほうがいい!というわけで。
実家ではお正月に作るヨモギのお餅に使う用に、春に一番やわらかい新芽をたくさん摘んで冷凍しています。


river002.jpg

近くを流れる川は、ごらんの通りの清流。夏には蛍が舞う美しい川です。

ここで摘んだヨモギをザッと洗って…
マイナスイオンをたっぷり浴びてーー

river001.jpg

日中の日差しはかなり強く、気温も結構高めでしたが、水はまだまだ冷たい…!



そろそろお腹がすいたので、母のお気に入りのカフェへ

eggtoast01.jpg

私はエッグトースト。
濃い味付けが美味しい~

pizzatorst00.jpg

母はピザトースト。
夫がよろこびそう。


white00.jpg


店内にさりげなく飾られた花が素敵。


garden00.jpg

もっと素敵なのは、テラスから見える里山の風景。


garden004.jpg

カフェのお庭もとても珍しいお花がいっぱい。


garden003.jpg

これ、実家の庭にも植えてあるなぁ。何かな…父に聞いてみよう。

garden002.jpg

とっても素敵な雰囲気!
母がイチオシするのも納得…



sakura00.jpg

その後は、近くの桜の名所へ。
この辺りは少し山の中なので、うちの方より大分開花が遅くて、ちょうど満開でした!!
今年は諦めてたけど、やっと桜のお花見できたよー

sakura003.jpg

しだれ桜

sakura002.jpg

寒緋桜

写真のピントが合っていないのは、携帯の画面がまぶしすぎて反射して全く見えてなかったからです。
とほほほ

初夏のような日差しと気温の中で、熱いおでんをハフハフいいながら食べました。
(さっきランチ食べたばかりにも関わらず)
ビール飲みたかったぁぁぁ!!(運転手さえいれば…!)


実をいえば、母とはそんなに気が合わないのであまり一緒に出かけないんですけど、たまにはこうして二人で出かけるのもいいかなぁと思ったりしました。
とはいえ、頻繁に会えばケンカも多くなりそうな気もしますけど。
やっぱり、ほどよい距離感が大切かもしれないですねー

そんなわけで、ある日過ごしたのんびりした一日の記録なのでした☆(^^)
スポンサーサイト
2012spring01.jpg

またもや、お休みの日に晴れない…!
今年はわたくし、雨女なのでしょうか?!

そんなわけで、今日の写真も暗くて補正したら白っぽくなっちゃいましたが、先日吹き抜けに掛けているファブリックを、ブラウンのLokkiから、同じくmarimekkoのMAALAISRUUSUU(田舎の薔薇)に替えました~~
どっちもMaija Isolaのデザインですね。

カラーはイエローとグレーで、大胆だけどシックで大人っぽくて気に入っています♪
最近人気なのか、色んな色で展開している田舎の薔薇さんですが、我が家で田舎の薔薇といったら、パソコンスペースのところに置いてあるファブリックパネルなんですけど、今でもこのスペースはほとんど変わりないですが、調べたらちょうど丸4年前の記事だったのでビックリしました!
ぎゃー!もう4年も!
年取るはずだわ……


2012spring03.jpg


夜の眺めもなかなか…♪


ちなみに、今年の春のリビングもちょっとずつ模様替え…

2012sp05.jpg


写真が暗い……!

分かりにくいけど、クッションは今年の黄色とグレイのウニッコにしました♪
春っぽくてかわいい。
ドットのクッションは秋冬から変わってないんだけど、小さい方のは毎年夏に使っている白いリネンのものに替えようかな~と。
ソファの下に敷いていたマットを取ったので、随分涼しげ。
うちのねこさんはマットが随分気に入っていたので、ちょっと不満そうです。(^^;)

それにしても、ソファの後ろにあるサイドボードの上がゴチャゴチャしてる…
普段、生活しているときは気が付かないんですけど、こうして写真で見ていると、色んなアラが気になりますね…

今度のお休みはもうちょっと模様替え気合いいれます!
庭も色々やりたいことがイッパイ!
でも、今日の春の天気みたいに私の気分も変わりやすいので、はたしていつ出来ることやら~?
そうこう言っているうちに、むしあつ~~い夏になっちゃうかもしれないので、なんとか頑張りたいと思います。

120411lun.jpg

ああ、雨ーーー(写真が暗いーー)
桜が散っちゃうかなぁ?
今日はお花見しようと思っていたのでザンネンです。

さて。
今日はそういうわけで、家でのんびり読書などすることにしました。
たまにはこういう休日もいい…
そんな、のんびりなお昼ごはん&おやつを兼ねて、ひさしぶりにパン・ペルデュ(フレンチトースト)を作りました~
ちょうど、2日前に買ったバケットがカッチカチになっていたので^^
何度かブログにも書いた気がしますが、うちのフレンチトーストはバケットを使ってます。

作り方

1. バケットを好みの厚さにスライスする
2. スライスしたパンを牛乳に浸す(私は押すとじわっとするくらいが好き~)
3. 2に溶いた卵を絡ませる
4. 熱したフライパンにバターを溶かして、温まったら3を並べて、こんがり黄金色に焼く。
5. 焼き目がついた表面に砂糖を塗って、もう一度その表面を返して砂糖を溶かしてキャラメリーゼする。
6. 砂糖がこんがり飴色に溶けたら、もう一面も同じようにキャラメリゼして出来上がり!


超簡単です♪
バケットに浸したミルクは甘くなくて、砂糖を焦がした表面だけがカリッと甘くておいしいのです。
キャラメリゼすることで、中のミルクが閉じこめられて、口に入れるとふわふわじゅわっとしておいしい!
ぜひ、お試しあれ♪

ちなみに、砂糖は我が家では奄美の喜界島工房の「旬の黒砂糖」を使っています。
冬から春にかけて、一番いい時期の無農薬で栽培されたサトウキビから出来た素朴な黒砂糖。
キャラメリゼすると、なんとも良い香りが漂って、しあわせになります。
普段砂糖はあまり使用しないようにしてますが、時々甘いモノ食べたくなるので、そういうときは、とびきり美味しくて良い砂糖を。

ちなみに、このパン・ペルデュはほんの~りとした甘みだけなので、私はシンプルに何も付けずに食べたあとは、メープルシロップも少しだけ掛けてあま~~くあま~~くして食べます。しあわせ♪

今日は久しぶりに北欧食器(GustavsbergのBLUE ASTER)を使って。
最初はREDにしようと思ったけど、外は雨なのでなんとなくブルーにしました。
雨降りの日ってあまり赤が似合わないですねぇ…

そうそう、やっと庭も少し春っぽくなってきました。
秋から冬にかけて赤くなっていたブルーベリーや南天の葉っぱが緑色になり、ハーブも少しずつ復活してきています。
それに、クリスマスローズが満開!
放っておいても季節は勝手に変わっていきますね。
今年はいつもよりハーブをもっさもさにして、ハーブ料理など楽しみたいなーとか思っています。

ryorinoehon.jpg

先日書店でブラブラしていたら、こんな可愛い文庫本が。
私も大好きな『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』石井好子さんと水森亜土さんのイラストがかわいい料理の絵本!
つい先日amuさんのブログでお話させてもらったばかりだったので、タイムリー!
お料理は食いしん坊な石井さんレシピですごく美味しそうなものばかり♪♪
とっても気に入ったのでお気に入りのカバーをかけて、鞄に入れて持ち歩こうと思います。

この本を眺めていたら、私の大切な本たちのことを思い出しました。
どれも、私の今の料理やお菓子作りのルーツというか、多大な影響を受けた本。
久しぶりに本棚から出してきました。


poohscookingbook.jpg

『プーさんのお料理読本』 
これは、私が一番最初に手に入れた料理の本です。

私の父は漫画好きで、よく本屋さんへ連れていってくれました。
父と一緒に本屋さんへ行くと、いつも一冊だけ本が買ってもらえたので、小さい頃は好きな漫画の単行本を買ってもらったりしていたのですが、小学校高学年になると、料理やお菓子作りに興味が湧いてきました。
そして、ある日、誕生日か何かで買ってもらった本が、このプーさんのお料理本だったのです。
確か、当時は漫画の単行本が一冊300円くらいだったので、980円のこの本を買って貰うのはやっぱり特別で、とても嬉しかったのを覚えています。

一番最初に載っているレシピが「シナモントースト」。
焼いたトーストにバターを塗って、砂糖とシナモンを混ぜたシナモンシュガーをたっぷりふりかけて、再び2~3分オーブンに入れて焼く…
これだけのレシピですが、当時家にはシナモンなど置いてなかったので(そしてバターもなかった。マーガリンしか)、シナモントーストってどんな味だろう?!とずっと妄想してました。
(結局、中学生になって自分でシナモンを買うまで、妄想だけ☆)

はちみつと干しぶどうのスコーン、四角いチョコレートピーナッツ、ジンジャーブレッドマン…
今でこそレシピを見れば大体の完成形が想像できますが、その当時は子供で経験値も無いに等しく、写真のないレシピ本は、一体どんなものなのか全然わからなかったので、余計に「イギリスの料理やお菓子」に幻想を抱いていたのかも。
一見子供むけの料理本だけど、シナモントーストみたいな簡単なものから、ちゃんと粉を捏ねて発酵させて焼くパンが載っていたり、グラタンやパスタ、クリスマス料理などの本格的なものまで載っている本格的な料理本となっています。「読本」というだけあって、プーさんの挿絵はあっても料理の写真などは一切なく、私はレシピを眺めて「読書」する…という特技をこの本から学びました。
つまり、レシピを物語のように読むというわけです。
実際、私は海外旅行に行く際は機内にレシピ本持っていって読んでます。
(大体4~5冊持っていく内の2冊くらいはレシピ本)

あと、同じ文化出版から出ていた『赤毛のアンのお料理ノート』も大切にしています。(今貸し出し中♪)
こちらは料理のネーミングがプーさんよりロマンチックで(笑)、私も本を眺めながらアン並に妄想しまくっていました。笑



franceokashi01.jpg

『フランスお菓子物語』 樋口麻子・文 阿部眞由美・絵

これは確か大学生の頃に自分で買った本。
大学生の頃は既に洋菓子店でバイトするほどケーキが好きだったので、自分でケーキを作ったり本を買ったりしていましたが、特に気に入っていたのがこの本でした。

franceokashi02.jpg

著者の樋口さんがフランスで色んな人に教えてもらったお菓子のレシピと、フランスでの生活のエッセーに加え、阿部眞由美さんの美しい絵がとっても素敵なこの本。
特に表紙にもなっているこのリンゴのシャルロットのページを見ていると、本当に美味しそうで、毎晩眠る前にこの本を眺めて、また妄想してました。妄想だけでなく、実際に結構作ったかな。
どれも美味しくて未だにこの本のレシピは私のお気に入りです。



kazukohorii.jpg

そして、堀井和子さんの『粉のお菓子 果物のお菓子』

これも、本当に大切にしている本です。私が堀井さんを知るきっかけとなった本。
この本は1993年初版のものですので、実に20年近く前の本になるのですけど、今見てもスタイリングや本の装丁など本当に素敵です。全然古いという感じがしないです

そうそう、堀井さん、昔、雑誌「olive」のお料理ページを担当されていたんですよね♪
こう見えて(どう見えて?)オリーブ少女だったワタクシ。
市川 実日子ちゃんを見ていると、市川美和子ちゃんの妹としてオリーブにモデルデビューした当時のことを思い出します。全然変わらないなぁ。。

最近、堀井さんはあまりお料理やお菓子の本を出版されないのですけど、過去の著書は多分全て持っているので、時々眺めています。本当にどれも大好き。
特に「バターミルクパンケーキ」にすごく憧れてよく作ったし、数年前には堀井さんと同じパンケーキ用のフライパンも買って自己満足☆★
堀井さんの過去のお菓子本は傑作が多いと思うんですけど、絶版されているものも多く、大事に使っていてもそれなりに古びてきたので、もう一冊ずつ保存用に買えばよかったと本気で思うほどです。
でも、何冊かは文庫版が出ているので、もちろん持ってますけど♪


……と、懐かしく思い出していましたが、年齢がバレバレなラインナップですわね☆
まあ、今さら若作りしても仕方ないですけどネ^^


最近、ちょっと仕事も落ち着いてきたので、また読書も再開です。
それとともに本棚もスペースがどんどん無くなってくるので、ちょっと考えなくてはいけないのでした☆
本好きの皆様はどうしているのかしら?
私、お気に入りの本が多すぎなんです…
mf02.jpg


…エ、3月っていつ終わった?!

2月より二日多いはずなんだけど。細々と続けているこのブログの、毎年の3月はあまり更新回数が多くないのですが、何年か前に更新27回の3月があるのにビックリ。
え、私、同じ職場で同じように働いていたよね?!
不思議です。
(ていうか、今、「不思議です」と書こうとしたらなぜか「ひじきです」と書いてました…orz)

今年の3月中はなにかとバタバタとしていて、ちっとも落ち着かず。
仕事のイベント2つと法事と夫の海外出張による不在があって、生活のリズムがいつもと違ったのかなぁ。
休みには最近久しくなかった、「寝て起きたら午後3時だった」…みたいなこともあって、大分おかしかったような…
4月もちょこっと忙しい時期がありそうですが、そろそろ落ち着きたい…


ま、こんなときはお茶でも飲んで一休み~~

sakuramochi.jpg

いただきものの桜餅♪
私が幼い頃食べた桜餅といえば、長命寺タイプ(ネットで見る薄い生地のものより大分生地が厚め)のものばかりだったような記憶なんですが、最近見かけるのはこの写真のような道明寺タイプが多いような~?
東海地方は日本列島の真ん中あたりなので、西と東の文化がミックスになっていて(たとえば、うどんのおつゆの色とか…エスカレーターに乗る位置とか…)更に小学校に上がるまで関西で暮らした私にとっては不思議なことがいまだに多いです。
これは、実家の母が関西人だということが大きな要因だとは思うんですけど、やっぱり子供にとって母親からの影響はものすごく大きいですよね。
私の義姉は沖縄の出身なのですが(現在は東海地方に在住)、幼い甥っ子は義姉の話す沖縄アクセントと同じような話し方をするので。
周りに沖縄ことばを話すのって義姉しかいないのに、とっても不思議☆やっぱりおかあさんと一番話しておかあさんの言葉をいちばん聞いて育っているからですかね。
そういえば、沖縄では12月とか1月に桜が咲くって聞いたようなー??
こちらも、もうそろそろかしら…?


120402t1.jpg

忙しい時ほど、自分の好きな茶器でいれるお茶の時間を大切に。
この茶器は岡田直人さんの。
ティーポットは「ペリカンポット」という可愛い名前がついてます。
今日のお茶菓子はお土産でいただいた「白い恋人」♪

最近、すっかり夕暮れの時間が遅くなったので、帰ってもまだ明るい。けど、写真を撮るとやっぱり暗いけど。
どんなに急いでいても、電気ケトルじゃなくて鉄瓶で湯を沸かします。
味が全然違うから^^
冷めてくるとその差が歴然としますよ。


ちなみに、もう一つ上の写真の茶器はイイホシユミコさんの。

120328tea.jpg

これは「utage tool」のシリーズで、多分酒器なんですけど、私はお茶にも使ってます。くるみの木のコースターが好き! 北欧でもよくある木と磁器の組み合わせが好きなんです。
同じシリーズの重箱も素敵です。
私は無難に白色を持っているんだけど、ブルーもすごく綺麗な色です♪

今朝のニュースで、名古屋もついに桜の開花宣言です♪
去年はお花見できなかったから、今年は重箱におべんと詰めてお花見したいなー

その前に、今日は春の嵐だそうです。
気を付けて仕事にいってきまーす!

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。