上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝のリビング。
この頃の午前中はリビングへの光の入り方が緩やかで、なんともまったりした感じで好きです。写真ではちょっと暗く感じるけれど、もうちょっと明るい感じで、のんびり読書などするにはもってこいです♪
以前のリビングは、ソファの後ろはなにもなくて壁との間にも空間があったので、なんだか広々していたんですが、ソファの後ろにサイドボードを置いたので、なんだか締まった気がします。
1020l1.jpg
デンマークのヴィンテージチークの家具のどこが好きって、脚がついているところ。
すっきり見える。そして掃除がしやすい! そして、移動が楽なんですよ~(笑)
2Fのホールに、これよりも更に大きなキャビネットが置いてあるんですが、このリビングにはこれくらいが限界かな。
1020lch.jpg
かっこいい♪
ヒトメボレしました。もしかして下の引き出しがないと、ちょっと靴箱っぽい(笑)ですよね。でも、この引き出しにホレました。
上は二段の棚になっているので、食器を収納してます。
下の引き出しは、まだ何も!(余裕があるって、スバラシイ!)

ソファーとテーブルは「karf」のTOLIMEというシリーズです。オークの無垢材の質感がすごく好きで、あまり迷わずに選びました。なんといっても、掃除がしやすい(また出た!)笑
カバーはナチュラルなリネンのものか、今の焦げ茶のレザーかすごく迷って、どっちでもいいな~と思ったので、ダンナに選んでもらいました。替えのカバーも買えるので、いずれ模様替えしようと思っています♪
ソファーはふかふかのも良いなって思うんですが、なにより、サイドボードと同じ理由、スッキリみえて、掃除が楽。これが決めてなのでした。 
Hans J.WegnerのGE290が私の究極に憧れのソファなんですが、まあ、がんばってお金ためて、いつか買えたらいいな~と。
家を新築したときに、ほんとは買おうかなって思ったんですが、ダンナが「全部お金使っちゃうの?」と言って、あ~そうだよなぁ、それはまずいだろうなぁ…と正気に戻り(笑)、何も家は新築したときに完成しなくても別にいいか~と、思うようになりました。
私はひとつひとつの物をこれが欲しいというものがあって、勿論それが全部揃えられたら完璧だったけれど、別に住み始めるときにそれが全部揃ってなくても、少しずつ揃えていくのも、家を育てていくようで、たのしいかもね!と、ポジティブに(笑)考え直せてよかったです。
働きつづければきっといつかお金はたまって、欲しい物も買えるだろうし、そしたら働くのだって「あ~やめたい。もうやだ」と思っても、「まてまて。あれ買うんじゃないの?」ってオノレを叱咤できるってもんですし。

そんなわけで、今日買い物してきました!☆
ソファーは買ってません、さすがに・笑
今日買ったのは、クッションカバーとか、小物。
今日の写真は朝のものなので、戦利品は写ってませんが、また今度♪
なかなか気に入るものがあったので、早速カバーを替えて、秋の部屋づくり熱も上がってきましたよ♪

Comment


とてもシンプルで素敵なリビングですね。
気持ちがとても落ち着く感じ。
懐かしい感じさえしてしまいます。
窓にかかっているのは、ブラインドですか?
いい色ですね、これからの季節にはとくにピッタリのような、、、。

sakuさん♪
sakuさん、こんばんは~♪
リビング、だだっ広くて空間だらけ~って感じでしたが、サイドボードを置いたお陰でなんとなく締まってきました♪
うちがシンプルなのは、私が無類の掃除苦手人間・・・だからなんですよ~笑
物を置く=掃除が大変になるので、気をつけています^^
落ち着きますか?
わ~、嬉しいな♪
懐かしい感じ、サイドボードがアンティークだからかな? 北欧の30年ぐらい前のものとか好きなのですよ。だからかなぁ? 小物などもヴィンテージのものを少し集めています。サイドボードの上のものとか。
ちょっと昔のものって、見てるだけで和むんですよね~~~♪

窓に掛かっているのは、バーチカル・ブラインドです。実際の色は「生成」っぽい色で、どんなインテリアにも合わせられるように、選んだんですよ♪ 素材もしっかりとした綿で、冷たい感じがしないところが気に入っています。
そうなんです、これからの季節の光を、やさしく暖かに見せてくれる色なので、楽しみなんです~

昨晩sakuさんのブログに書き込みさせていただいたんですが、なかなか表示されなくて、エラーかな?って思っていたんですが、さっき再び拝見したら、ちゃんと反映されていたようで、よかったです~
また、遊びに行きますね♪

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。