上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うう…もうこんな時間…!
今朝(あ、昨日の朝)の地震、すごかったですねー
私の住む地域の震度は3か4ぐらいだったんですが、かなり長い間横揺れしていたのですごく怖かったです。
こんなに揺れたのは阪神淡路のとき以来かな。
天災は本当に不意にやってくるので、日頃から備えておかねば…と思わされました。
今回は二日ぐらい前に、夕方、すごく変な形の雲があって、飛行機雲のようだけど絶対ちがうなーという細長い雲がやけに気になって、家の防災グッズをチェックしたばかりでした。その日のうちに水も買い足しておいたところです。
あれが地震雲だったのかどうかわからないんですが、それにしたって、最近の天候は変なので、本当に心配…
今年は台風も当たり年になりそうなので(去年はひとつも上陸しなかったんですよね!それもおかしいけど…)、日頃から気をつけようと思っています。

さて!
最近仕事がお盆前で忙しく、生活はバタバタしております。
食欲も全然なくて不思議なくらいお腹が空かないんです。やばい。
朝だけは気をつけて食べるようにしてますが、夜ご飯なんかは特に「今はお腹が空いていないから後で食べよう…」と思っていると、いつも食いっぱぐれています(- -;)
忙しい時期だからこそ、体調は気をつけなくてはいけないのですが…

写真は野菜たっぷりのスープです♪
色んな野菜をとろっとろになるまでコトコト煮込みました。トッピングには食感を変えて、グリルした野菜など…
最後にオリーブオイルを一滴。これが美味しい!
暑い夏だけど、温かいスープを朝に食べるのは好きです。
この器は、以前神戸へ行ったときに買ってきた、お気に入りの漆器です。
ちょっとだけ大きめサイズで、まるっこい形とか、塗りのしていない素朴な表面とかがすごく気に入って、少し迷いましたが奮発して買ってきました。
和にも洋にもすごく似合って、本当にお気に入りです♪
そんなに頻繁には使わないんですが、ここぞというときの取っておきの器なので、この器を使うときはテンションが上がりますー(^^)

そしてこの夏に買った、テンションの上がる器、もうひとつ…
ghi.jpg

写真がどうしようもないんですが(^^;)、実際はすごく素敵なガラスなのです。
器の色は「縹(はなだ)色」といって、日本の古来からある伝統色の名前が付いています。
縹色(花田色、はなだいろ)とは、明度が高い薄青色のことで、藍染でツユクサの花のような青に染めた色…ということです。
「ツユクサ」は私の幼い頃の思い出の花で、最近は子供の頃のように地面を見て歩くこともないので、長い間この花を実際に見てはいないんですが、名前を聞くだけで、小さい頃友達と夏休みに遊んだときに小さな花弁を集めたことなどを思い出します。
そんな、私にとってはちょっとしたノスタルジーを感じる名前のついたガラスは、見た目もちょっとレトロな感じで、澄ました飲み物より、麦茶などを入れたい感じ。
食器棚が飽和状態なので、スタッキングできない器は増やしたくないのですが、これはもう、一目惚れして買わずには居られませんでした。
北欧のピキッしたと完璧なガラスもすごく好きだけど、こういう手作りのガラスにも惹かれます。

夏は本当に苦手だけど…こういうガラスはやっぱり夏にこそ、ふさわしいですもんね。
ガラスを傾けると、カラン、という氷の涼しげな音がして、ちょこっとだけ涼しくなります。



前の記事にコメントありがとうございます!!
明日、ゆっくり返信させていただきますねー♪とっても嬉しいです♪

Comment

素敵なグラス
はじめまして、あやめと申します。器とそれを生かしたお料理の数々が眼に優しくて、いつも楽しみに拝見しています。
このガラスの器も、日本ならではのたおやかさを感じる素敵な佇まい!
もし差し支えなかったら、作家さんのお名前教えていただけないでしょうか?
お久しぶりです☆
ariさん、
残暑お見舞い申し上げます。

こちらはお盆休みに入りましたけど、ariさんは忙しく働いているんですね。。。何だか申し訳ない気持ちになります。

地震は大丈夫でしたか?
私も福岡西方沖で震度6を経験しているので、地震の怖さを身にしみて感じています。
震度3までは何とかガマンできるけど、4以上はやっぱり怖いです。

幸い、当時は食器に興味がなかったので、殆どの食器を失いましたけどショックはありませんでしたが、今地震で食器を失うと凹んじゃうでしょうね。なので、これ以上食器(=物欲)は増やさないようにしようと思っています。

しかし・・・、
このガラス器の曲線、何とも言えない美しさがありますね。
先日、お茶屋さんでお茶をいただいた際、このような器で出てきたので「いいなぁ」と思って器とお茶を楽しませていただいたばかりで、この記事のタイミングでしょう。。。(^^;)
実は「欲しいなぁ」と密かに心の奥底で思っていたの。
どうしようかな。。。悩む(笑)

今までで一番アップで写っているかも。。。私が昔から気になっていたプランター!
密かにうふふって感じて嬉しかったです☆

久しぶりだったので、長々と書いてしまいました。また、お話しましょうね(^-^)
素敵。
ariさん、お久しぶりです。
帰国してから戻ってきたので遊びに来ました。
相変わらず此処は美味しそうなもの+素敵なものに囲まれていてほっとしてしまいます。
木の器もグラスの器もどちらも素敵ですね。
料理ものせるお皿によって色々変わりますしね。
う~ん、ariさんのお料理写真を見ながらいつも色々学ばせてもらってます。

下のわらびもちも美味しそう!

ariさん、こんばんは。
お久しぶりですね。
まだまだ暑い毎日ですが、体調をくずされていませんか~。
でも、ariさんの野菜たっぷりのおいしい料理があれば
健康そのもの!って気がします。


そして素敵なグラス。
なんだかほっとする形。
私も先日、一目ぼれした器を買ってしまいました。
とりあえずは飾ってあるけど、ちゃんと使わなきゃね~。
Re: あやめさん♪

あやめさん、こんばんは♪
はじめましてです~
とても嬉しいコメント、本当にありがとうございます。
お返事が遅くなり、申し訳ありませんでしたー(> <)

このガラスの器、佐々木龍彦さんの「モールカップ」と「モール平皿」といいます。
あやめさんの「日本ならではのたおやかさを感じる素敵な佇まい」という表現が本当にピッタリで、目で眺めているときも、冷茶を飲むときに、唇に当たる感じも、手に感じる重さも、本当にどれをとってもついつい顔がほころんでしまうような。
うちのは「はなだ色」ですが、クリアのものもすごく素敵なんですよ~(^^)

ではでは、コメントをありがとうございました♪
楽しみにしてくださっているとのお言葉、とっても嬉しく拝見しました。
またいつでもお声を掛けてくださると嬉しいです♪

こんばんは。
初めてのコメントでぶしつけにも作家名をお聞きしたにもかかわらず、
ご丁寧なお返事ありがとうございます。
早速ネットで調べてみました。う~ん、やっぱり美しい!
私にとっても、これから要注目のガラス作家となりそうです。

これからも、ariさんの愉しい日常を楽しみにしていますね。
Re: rocoさん♪

rocoさ~ん、こんばんは♪ お元気でしたか?
お盆も終わって、通常勤務が始まりましたね(^^)
私はもうずっとサービス業に従事しているんで、一般の人が休んでいるときが働き時ですもんね~。お盆も正月もクリスマスも仕事なので、時々お盆や正月くらいゆっくり休みたーい!と思うこともあるんですが、なにせ就職してからずっとこういう生活なので、今更盆正月に休みを貰っても、何をしたらいいかわからないかもしれない(笑)

地震は、本当に怖いですよね。
そういえば、昨日そちらでも地震ありましたよね? テレビで速報が出たので。大丈夫でしたか?
こちらの地震は、かなり長い間揺れを感じたのでひたすら硬直していたんですが、硬直しながらも、頭の中で「私の大事な食器たちは大丈夫か?!」とドキドキしてました。
福岡西方沖で震度6って、それは…怖いですね。こちらは東海地震がいつか来る、明日来るかも…と、生まれた頃から言われてますから、小さな地震でもドキーッとしますもん~
私も今地震がきて、食器を失ったら…考えるだけでショックですよー
けれど、大事にしすぎて一度も使わなかった…と後悔がないように、食事のときは毎度お気に入りの食器を使って、楽しむことにしています(^^)♪
だって、震度6くらいの地震だったらもう…仕方のないことでしょうからね。

このガラスの器、この曲線がたまらないでしょう?^^
普段わりと寸胴な形を好んでいるので、こういう冒険をしたのは初めてなんですが、やっぱりいいです。素敵な器で飲む麦茶は、美味しいです♪
そこのお茶屋さんは、凝ったお店ですね。
だって、こういう形のものって、スタッキングが出来ないんですよ。お店でスタッキングが出来ないのって結構不便だと思うのですが、それよりも雰囲気を大切にしているお店だと思うので、想像するだけで素敵なんだろうなぁと♪

あ!
そういえば、この豆のプランター、先日たまたま立ち寄った花屋さんで見かけました!
値段は5000円ぐらいでしたよ~
どうやら、うちと同じ白と、黒があるみたいです♪

rocoさんとはファブリックのお話しとか色々したいんですが、なかなか時間がなくて写真を撮れなくて(しかもこの夏は雨降りがおおく、写真が撮れなかった)。
でも夏に見ていただきたいファブリックがあるのですよ~
今度時間があったらアップします!
それと、秋用のクッションカバーを匠に依頼しておりますの♪うふふ
また色々お話ししましょうねー♪
Re: あすかさん♪

あすかさん、こんばんはー♪ お久しぶりですね(*^^*)
あすかさんのブログ更新されていたので嬉しいですー♪お帰りなさい♪
楽しい日々でしたか? 充実した日々だったのでしょうね。とにもかくにも、無事のご帰還、お待ちしておりましたー!
そして日本の夏はいかがでしたか?
色々お話ししたいこと満載です(笑) また少しずつ色々お話しさせてくださ~い(^^)

あはは、もう夏バテしまくって、食べ物に気分が向かないので、大好きな器などを使ってビジュアルから(笑)
でも、こういう雰囲気って自分的には結構大切にしていて、この器よりあの器のが似合うかな~とあれこれ考えている時間、多分めちゃくちゃα波出てます(笑)
夏の数少ない楽しみですものね(外出するのが億劫で…;;)
色んな方の食卓の写真も見るのも大好きで、私も色んな方のテーブルを拝見しながら、日々学んだりしておりますよ~♪
さきほど、あすかさんの朝食拝見して、お腹がぐーっと言いました(笑)

↓のわらびもち、水で溶くところを豆乳で作っているので、もちっとしたミルクかんみたいですごく美味しかったですー(^^)
そちらにはさすがにわらび餅粉とか、無いですかね。

Re: minaさん♪

minaさん、こんばんはー♪
ご無沙汰しておりますが、お元気でしたか?(でもブログは毎日拝見しています♪♪)
私は体調は悪くないと思うんですが、なにせずーーーっと夏バテみたいで、気分は「中の下」って感じです(笑)
そう!ですから、野菜食べなきゃ!と思うんですよね。
朝から野菜を何種類も食べられた日は、「今日はやった!」という達成感(笑)

おおーminaさんも器を一目惚れして買われたのですね!
いつかブログに登場するでしょうか?!楽しみだなぁ。
以前買われた、仕切りのあるおさらもすごく可愛いですよね。素敵な色合い…
そうそう、このグラス、なんだかほっとする形なんですよね。なんでだろう。でも、見ているだけで心が和むようなやさしさがあるんですよー
毎日使うのはまた別のグラスなんですが、ここぞという時に使うと、本当に気分が上がってくるのです♪

そうそう、minaさんのところのブルーベリー、たくさん出来ましたか?
うちのブルーベリーも今が一番の収穫時期みたいです♪ 実が小さめなんですが、しっかり甘くて美味しい…♪
庭の他のハーブたちは、今年の長雨でちょっと見ないうちに枝ぶりとか葉っぱの伸びがイマイチなんですよね…。
それと、ちょっと庭に出られない間に裏のほうの雑草がものっすごく成長しましてビックリでした(笑)
一番育っていた雑草で、多分80cmぐらいのものとか…
南側の玄関側はさすがにチョコチョコと綺麗にしていたのですが、裏の敷地は…草原のようになっていましたよー。梅雨ってすごいですね!
Re: あやめさん♪

あやめさん、こんばんは♪
またのコメント、すごく嬉しいです。ありがとうございます!

佐々木さんのガラス、すごく美しいですよね。ガラスって作家さんによって全く違う雰囲気になるところがすごいですよね。
佐々木さんのは、手作りの温かみ…というよりは私は静かな湖面に薄く張った氷、みたいな印象を持っているんですが、どこか懐かしくてほっとします。

また、あやめさんのお気に入りの器の話しなども、いつか聞かせてくださいね。
私もあやめさんとお話しできることを楽しみにしております♪


ariさんの『静かな湖面に薄く張った氷」という表現が心に響いてまたコメント書いています。
実は私は現在北欧在住なので、こちらはもうすぐ夜中の12時になろうかというところです。

そう、張りつめたような緊張感と同時に、懐かしさも思い起こさせるゆらぎのような、そんな相反する両方をこのグラスには感じたので、私もハッとさせられたのかもしれません。ちなみにネットで拝見する限り、私はariさんがお持ちのはなだ色の方が、よりこのガラスの陰影が生きていて好きかな。

あまりこういったブログにコメントする経験が今までないもので、非常識なこところもあるかとは思いますが、これからも、色々お話出来ればと思います。
よろしくお願いしますね。
Re: あやめさん♪

あやめさん、こんばんは~♪
こちらは、朝夕の空気に秋の気配を感じられるようになってきました。
そちらはいかがでしょう?
今の時期でも白夜なのでしょうか?
ヨーロッパはフランスより北へ行ったことがないので、写真や映像だけでしか知らない憧れの土地です。
北欧といえば湖ですよね(私のイメージ)
佐々木さんのガラスにふと感じた「湖に張った氷」というイメージでしたが、もっと詳しく説明すれば、唐突なんですが、私が持っているベートーベンのソナタ「月光」のCDジャケットが、ヨーロッパの森の中の湖に映った月…なのですが、まさにそういうイメージで。
名古屋の近くにある湖といえば琵琶湖だったり、諏訪湖だったりするんですが、そこまで大きく開かれた湖ではなくて、空気が「しん」とするような森の中にある湖というか。
もしかして、あやめさんが思い浮かべてくださった湖に近いんじゃないかなぁと思って、遠く離れた国に住んでいらっしゃるあやめさんと、こうしてネットを通じて、お互いのイメージが重なった瞬間を共有した気がして、すごく嬉しかったです。

実際のこのグラスの色はなんと表現していいのかわからないのですが、少しセピア色にも似た色なので、このグラスを置いた部分だけ、昔の写真を見ているような懐かしい感じがするのかなぁなんて思ってます(^^)
あやめさんが仰るとおり、はなだ色のほうがガラスの陰影に独特の趣があって、やはり心惹かれてしまうのですよね。
 
ブログって本当に不思議で、最初は確かに自分一人だけが書いて見ていたのに、いつの間にかポツリポツリと訪れてくださる方が増えて、こうして色んな方と知り合えて、色んなお話しができて、不思議なんだけどとてもありがたいなぁと思います。
私の方こそ、よろしくお願いいたします♪ 
またお話しできることを楽しみにしてます♪

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。