上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tkazeno04.jpg
北海道も最終日。
午後には千歳空港から名古屋へ帰らなければなりません。
富良野から千歳までは2時間以上かかるので、この日の朝、お目当ての「風のガーデン」を見学に行きました。

tkazeno02.jpg

「風のガーデン」は、2日目に宿泊した新富良野プリンスホテルの敷地内にあり、2008年の10月からフジテレビの開局50周年記念ドラマとして放映された同ドラマの舞台となり、ドラマが終了した今も、舞台となった森の中の小さな家と庭は公開されています。

tkazeno16.jpg

前日に訪れた「上野ファーム」上野砂由紀さんが手がけた庭は、ホテルから車で3分ほどの森の中、ひっそりとたたずんでいました。

tkazeno07.jpg

小さな小さな小川が流れていたり、色とりどりの花々が風に揺れていたり、とにかく夢のような場所でした。

tkazeno01.jpg


365品種、2万株の花だそうです。
庭のデザインは、上野ファームと通じる英国風。ロケーションが深い森の中にあるということもあって、さらに神秘的でさえありました。
花に埋もれるように建った白い家、背景にはまた濃い緑の森が広がっています。

tkazeno08.jpg

実は私はドラマをしっかりは見ていなかったのですが、夫は毎週見ていたようで、私より感慨深かったようです。ホテルも、夫が予約してくれました。


tkazeno11.jpg

グリーンハウスの内部も、公開されています。
テラスが素敵でした♪
こういう雰囲気、すごく素敵…

tkazeno10.jpg

部屋の中は、ヨーロッパの家の中のように、しっとりと落ち着いた雰囲気。
薪ストーブがあったりして、「北国」のイメージそのものでした。

ドラマの中で貞美(中井貴一)さんが最期に亡くなるまえに、恋人に彼の死を知らせるために、庭のカンパニュラを押し花にして贈ってほしいと娘に頼むのですが、よく見ると、色んな押し花の中に、カンパニュラもありました。
ここを見たとき、そして家から出た風景を見たとき、じわっと瞼の奥があつくなりました。

tkazeno12.jpg


この庭はドラマのために造られた庭だけど、終の棲家としては本当に夢のような場所だと思いました。

tkazeno15.jpg

花がやさしくて、風もきもちよくて、土も水も全部全部、浄化されたようにきれいでした。


tkazeno17.jpg

緑色のグラデーション、白みがかった紫のグラデーションが、すごくきれい。
上野ファームでもこういう色遣いのコーナーがあったのですが、やっぱりとても好きだなぁ。


tkazeno06.jpg

家の脇も本当に美しかった。
高さのある花って狭い場所だと難しいと思うんですが、これだけの庭だと、迫力ありますね。

tkazeno05.jpg

この風景。
昔、見たことがあるな…と思うくらい自然に見えました。
勿論、自然にみせるデザインと技術なんでしょうけども。

風が甘い香りを含んでいて、本当に素敵な、本当に夢のような場所でした。
また、春などに訪れてみたいと思いました。




……というわけで、二泊三日、私の夏休みは終わったわけですが。
今回、本当にたくさんの自然に触れて、初めて見た北海道の雄大な景色を胸の奥にしっかりやきつけて、日頃のせせこましい日常やらなんやらを浄化できたような気がします。
美しいものをたくさん見て、美味しいものをたくさん食べて、本当に楽しかった。
またいつか、絶対に訪れてみたいです。
夫は、朝のジョギング中に、キタキツネを目撃したと嬉しそうにしてます。よかったね!

そして、帰りの飛行機が定刻よりも30分も遅れ、帰りの機内の最後の20分、新潟の佐渡ぐらいから岐阜の上空ぐらいまで、ずーーーーーっと飛行機が激しく揺れつづけ、ほんとに恐ろしかったです。。。。(- -;)
あんなに揺れたのはじめて…

家に帰宅して我が家の庭を見たら、シマトネリコにどうやら害虫が発生したようで、いきなり現実に引き戻されたのでした(^^;)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。