上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



冬に注文していた増渕篤宥さんのスープ皿が、先日届いたので早速スープを盛ってみました。
届いてからずっと最初は何のスープがいいかなぁと妄想していたのですが、やっぱりこの色には真っ赤なトマトで♪

最近お気に入りの長尾智子さんのレシピから、トマトのスープ。
コンソメもブイヨンも使わないのです。
にんにくと、オイルと、塩・胡椒、そしていくつかのハーブのみ。
レシピに書いてある「エルブ・ド・プロヴァンス」といういくつかのハーブをミックスしたものを持っていないけど、調べてみたら我が家の庭に全部揃っていたので、フレッシュハーブを使いました。
面白いのは、トマトの皮を湯むきしたりしないこと。
作り方は無駄を全部削ぎ落としたようなシンプルなもので、数十分煮込んだ後に味をみてびっくり。すごく美味しいです。
これ、旬のトマトで作ったらもっと美味しいだろうなぁと思うと、夏が待ち遠しい!


100607lu.jpg

今日のランチはトマトスープと、ライ麦パン、チーズ、アボカドサラダ。いつもの定番。
うーん、スープ皿、いいです。
大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいサイズに深さ。
これは、ホワイト系のスープももれなく似合いそうな雰囲気♪
アスパラガスのポタージュとか、みどり系も合いそうかな。

また、スープを作るのが楽しみになりました(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。