上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うう…寒い><
今日の天気予報は雪になっていたけど、降りませんでした…が、とっても寒いです!
春は未だ遠し?

一月と二月は夫と一緒の休みがちょこちょことあったので、京都へ行ったり金沢へ行ったり。
距離的には京都のほうが近くて何度も行っているので気安いですけど、最近は少し遠出をする気分のときは金沢へ行くことも多いです。好きなショップを幾つか周り、市場で魚を買って帰るのがお決まりのコース。
今は愛知県でも海のない内陸部に住んでいるので、金沢へ行く途中には日本海が見えたり、京都へ行く途中には琵琶湖が見えて好きです。

金沢へ行くと必ず寄るのが、ガラス作家・辻和美さんのお店『factory zoomer』。犀川のほとりにある小さなお店の中には辻さんのガラスの器や作家さんの陶器や磁器の器、n100の服が置いてあったりして、毎度訪れる度に何かしら惹かれて買ってきています。

tsujikazumiglass.jpg


わりと最近買った辻さんのガラスたち。
その名前も「モウモウ」「ホリホリ」などなど…かわいいのです。

上のキウイを持った小さなボウルはサイズは直径8cmくらい。
意外と色んな料理やおやつ時に使えて気に入っています^^


shiawasenopan.jpg

本日の読書は『しあわせのパン』
原田知世さんと大泉洋さん(私はいつも洋ちゃんと呼ばせてもらってます。笑)が主演の映画の小説です。映画を観たいなと思いつつもなかなか近所では上映されていないので…
著者の三島有紀子さんが映画の監督をされているのですが、プロフィールのところに「本屋とカフェと映画館をこよなく愛している」と書かれていて、なるほど~~と思いました。
舞台であるカフェ・マーニのお料理や焼きたてのパンの描写、カフェに流れる時間の雰囲気とか、カフェ好きの人は誰もが頷くはず。
私の場合映画より先に小説を読んだわけですが、原田知世さんの透明感、大泉さんの大らかな笑顔などは、ほんとうにイメージにピッタリで、これは映画館で見るのもいいかもしれないけど、家でゆっくりDVDを観るのもいいなぁという気もしています。
というか、いくつかのエピソードのなかで、毎度私は涙がじわりとしてしまって、映画館で観るとやばいかも…!

なんとなく、私の大好きな、梨木香歩さんの『西の魔女が死んだ』を読んだときと雰囲気が似ていると思いました。いや、似てないかも。自分が好きなだけで。
とにかく、料理が美味しそうで、パンを焼くにおいも最近嗅いでないなぁ…と懐かしくなってしまって、本当に久しぶりに手ごねでパンを作りたくなりました。

そういえば、料理本や雑誌以外で読んだ本は今年初めてかも!
今日はヨガへ行って、帰りにいつものカフェでランチを食べながら本を読んでいたら止まらなくなってしまって、早く続きを読みたくて寄り道をせずに家に帰って一気に読んだら、ぐすぐす泣きながら眠ってしまって(ヨガをやった後は必ずものすご~く眠くなるのです…)、気が付いたら夜9時すぎてました。そして夫の晩ごはんを作れず…(夫よ、スマン)

いや、それにしても、読後はほんのりとした幸せな気分を味わいました。
映画も絶対観たいです♪
あと、今日は作る時間なかったけど(^^;)、ちゃんと温かいごはんも作りたくなりました。

Comment


ariさん、こんばんはー☆
この冬はほんとに寒い日が続きますね

辻さんのガラス素敵ー
ariさんセレクト、かわいすぎなくて
とっても好みです♡

幸せのパン、わたしも先に映画を観たいなーと
思ってたんですけど、本から読んじゃおうかな
洋ちゃんて言いたくなりますね、さんって
キャラじゃないですもん(笑)
久しぶりに月9まで録画してみてます☆
って久しぶりにお邪魔して内容のない
コメントで失礼しました(笑)

こんにちは

幸せのパンが西の魔女・・・に似ている?それはぜひぜひ読まねばです
西の魔女・・・は大好きな本であり映画です
ラベンダーにシーツを干すシーンに感激してラベンダーを植えました(福島なので外干ししてませんけどね)嬉しい情報有難うございました

ariさん、こんにちは。
ガラスの器素敵です!
私気づくと、今までガラスの器って持ってなかったです。
奥の黒のボーダーのやつ、素敵です♪
ariさんのお話を聞いていると金沢いってみたいなぁと思います。
私、そっち方面に出かけたことがないので、せっかく日本にいる間に出かけてみたいです。
そのariさんがヨガの帰りによくいくカフェにもお邪魔してみたいです!
いつか道案内してください♪

そして「しあわせのパン」、私もすごく気になってました。
前にどこかのテレビで特集みたいなのやっててみたいなぁと。
一緒に観てた母から、なんかこの映画あんたっぽいねーと言われつつ。笑
もともとは本だったんですね?だったら本も読んでみたいです!
西の魔女っぽいっていうのちょっとわかります。
私もあの本すごく好きなので。梨木さんの本は不思議な世界を描かれた独特のものが多いですよね。私、好きなんですよ、彼女の書くはなし。

あ、そうそう、猫ちゃんお元気ですか?
ふふ、よろしくお伝えください♪
Re: namiさんへ

namiさ~ん、こんばんは!(ナ~ミさ~ん!と叫んでいると、ワンピースのサンジくんになった気分になります。笑)
お元気でしたか? 本当にこの冬の寒さはつらかったですね。
今日は寒さが緩んで、朝起きて「おお?」とビックリしました。朝がつらくないなんて!笑

辻さんのガラス、なかなかこちらでは見つけることができなくて。
金沢に行くたびに少しずつ買ってます^^ だから金沢へ行く機会も増えました♪
ガラスものって作家さんによって明らかな個性がありますよね。
辻さんは一目見たら「辻さんのガラス!」と分かりますよね。
どのシリーズもすごく素敵で、いつもショップでものすごくみとれてしまいます。

しあわせのパン、映画が先でも本が先でもそれぞれ楽しめるんじゃないかなぁという予想♪
本を読んでいると、恐らく映画じゃわからなかったところを深く理解できますし、逆に映画で先に映像を見る新鮮さや先入観なく映像を楽しめますし、物語の余白もたのしめますもんね~
洋ちゃん(笑)、懐の広い役者さんでもありコメディアンでもあり、少し前に公開されていた『探偵はBARにいる』も面白かったです♪
二枚目と三枚目の境界線の絶妙な位置?にいる洋ちゃんから目が離せませんっっ北海道の方がうらやましい…

namiさん、わたし、namiさんがお引っ越しされると知って、こないだまできっと近くに住んでいたから、ああいつか会えたらなって漠然と思っていたりしたので、なんだか何を先に伝えたらいいのか頭が混乱してなかなか言葉をみつけられなかったのですが、namiさんに先をこされてしまった…!
九州は私も知り合いの方がたくさんできて、いつか行ってみたい、いつか住んでみたい場所でもあるので、そこで生活を始められたと知って、なんだか話したいこともたくさんたくさんあるんです。
日々成長をつづける娘さんとnamiさんの、相変わらずやさしくあたたかい生活を拝見して、namiさんはどこにいらっしゃっても、やっぱりnamiさんだなぁといつもなんだか嬉しくなります。
……と、溢れる思いを書くといつまでたっても終わらないので、これからまた色々お話しさせてくださいね♪
(いつもブログはひっそり拝見してますー♪)

最後にひとこと。
私もスピッツ大好きですー☆☆
Re: ちるちるさんへ

ちるちるさん、お久しぶりです♪
コメント嬉しいです、ありがとうございます^^

「しあわせのパン」、なんというのか、内に秘めた不安や焦燥感、ひとの優しさ…、小さな喜び、出会い…とかそういう雰囲気が西の魔女に似ていると思ったのです。というか、単に自分が好きな感じが似ていると感じただけかもしれないんですけど(^^;)
ラベンダーの上にシーツを干すシーン、私も大好きです♪(ジャムを煮るシーンも好きですが♪)
我が家の猫の額みたいな庭にはラベンダーを植えるスペースはありませんけど、アルプスの少女ハイジが干し草の上にシーツを掛けてベッドにするシーンを思い出しました。なんだか、お日様の香りがしそうですね、干し草!
映画のノベライズと違って、映画の監督さんが書かれた小説なので、物語の世界観が真っ直ぐ心に入ってきますよ。もう私は、涙・涙でした…

ちるちるさんと以前お話させていただいてから、2年くらい経っていて驚きました。つい先日お話したばかりのような気がして。
あの時お話しした「葉壜」には、今は庭で咲いたムスカリを飾っています。

また、お話し出来ると嬉しいです。
ブログ見てくださっていて、ありがとうございます!

Re: amuさんへ

amuさん、こんばんは=♪
こちらは今日、ぽかぽか陽気でした^^
朝、いつも起きるのが辛すぎて、起きなければならない時間より30分早く目覚まし掛けているんですけど、今日はスッキリ起きられたので、いつもより余裕があってしかも暖かかったので朝ヨガしました!
休日ならともかく、出勤の日に朝ヨガするのが久しぶりで「あ、私って元気!」と思いました。笑

このガラス、素敵でしょ~?
雑誌なんかで辻さんのガラスは見たことあったんですが、実物は洗練されている中にも手作りのやさしさみたいなのがあって、とても素敵なのですよ~~
ボーダーの、いいでしょ♪ これは何を入れたら一番おいしそうなのかなってずっと考えているんですよ。
コーヒーだとボーダーが生きないし、水だと面白くない?
結果、冷たいミルクかしらと思っているんですけど、どうでしょう。
春になったら試してみます♪
ガラスの器、食卓にあるとなんだか食卓がやわらかくなる気がします。
私、昔からガラスの器好きでした~
母がフルーチェを作ってくれるのが好きで、フルーチェをいつも入れてくれるのが冷やしそうめんのつゆを入れる小さなガラスの器だったんですが、それがいいなぁって子供ながらに思ってました^^
サラダを入れる大きなガラスのボウルも好きだったなぁ。

金沢、いいですよ~!
私もそんなに語れるほど知ってるわけじゃないんですけど、日本の観光地のよさというのか、古いものと新しいモノと自然が共存していて、そして食べ物がおいしい!
amuさんのコメント読ませていただいて、amuさんもいつかまたアメリカへ帰られるのかとしんみりしちゃったのですが、しばらくは日本にいらっしゃいますよね?
私が生まれた神戸、育った岐阜、今住んでいる愛知。それぞれ近すぎて、遠くの金沢がすごく素敵に感じちゃうんですけど、amuさん是非是非!
車があれば、きっとアメリカを縦断するより遙かに近いですからね。笑
もう、ほんと、こちらにいらっしゃる機会ありましたら、案内したいところがたくさん!
私のお気に入りのカフェ、是非お連れしたいな~~!
いつも一人で行って、一人で食べて、本読みながら過ごして適当に帰ってくるんですが、私が知っているなかで、一番からだに優しいお料理で、おいしくてお腹いっぱいになるんですよ~
ほぼ毎週通ってますので♪
去年の夏に行った長野もすごく良かったので、是非是非おすすめしたいところです。というか一緒に行きたいぐらい!笑
私も九州行きたいです。(以前から言ってますが。笑)


「しあわせのパン」、きっと素敵な映画だろうと思います。
少なくとも映画の監督さんが書かれた本がすばらしかったですから。
小説としても秀逸だと思いましたよ。短い話なのですぐに読めてしまうんですけど、物語の中では短い期間のお話なんですけど、人の心がじわりとほぐれた暖かくなる様子は、幸せになりますね。
私、昔から美味しそうな食事と料理の描写がある物語が大好きなんですけど、そういう意味でもこの本はすごく良いです。パン、食べたい!焼きたい!
読んだ後に、ただ感動して泣けるだけじゃなくて、近くにいる人を大切にしたくなるような、そんなお話です。
そういう意味でも西の魔女っぽいなぁと。梨木さんのお話の世界観も、彼女にしか描けないものですよね。
私も大好きです。
そして、amuさんのお母様のお言葉も、なんだかわかる気がします。笑

amuさん、ちょっと聞いてください。うちのねこちゃん、超かわいいんですけど!!
こないだ、寝室で加湿器をつけたら、吹き出し口から蒸気みたいなのが出るじゃないですか、煙みたいに。
それを、うちのねこちゃんったら、一生懸命取ろうとしてたんです。後ろ足で立って、両手を「ぱん!ぱん!」と叩いてました(萌)
かわいくてわらえました。
ここ何日か夫が出張で留守していたもので、寂しかったのか私にベッタリでしたが、さっき夫が帰宅したら安心したのか、さっさと二階の寝床へ行っちゃいましたわ。きのうまではずっと私の膝を離れなかったのにぃ。
でもまあ、元気が一番ですね。
夫にねこの写真を送ってあげようと試みたんですが、なかなか上手く撮れず。
猫の写真ってむつかしいですね~~
今度、かわいく撮れたらまたブログに載せさせてくださ~い♪

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。